営業代行の成功事例業種別まとめ 成功から活用法を学ぶ

何かしらの事情で余裕のない企業の代理として営業活動を行う営業代行サービスですが、あなたは成功事例についてどの程度知っていますか。

これから代行業者に依頼する場合、どのような成功事例があるか事前にリサーチしておくと良いです。

営業活動をただアウトソーシングするのではなく、実際にあった事例から活用法を学ぶのです。

営業代行の成功事例を業種別に見てみよう

様々な業種があり、それによって営業の仕掛け方が異なる場合もあります。

つまり代行業者も必要に応じて、営業活動の内容を変えなければならないのです。

人間に得意不得意があるように、代行業者にもそれと同じものがあります。

特定の業種について強い場合もあれば、反対に弱い場合もあるのです。

企業が営業活動をアウトソーシングする場合、自社の業種を得意とするところを選ぶのです。

代行業者が対応する業種ですが、以下に一例を挙げます。

★士業

★IT

★代理店

★不動産

その他の業種でも成功事例は見られるものの、業界ではこの4つが多いと言われています。

基本的にどんな業種であっても営業活動の必要性があり、企業と代行業者の双方の合意があれば営業代行は可能です。

士業とは弁護士や税理士、会計士などの専門資格が必要で漢字の士がついた職業のことです。

一般的な企業とは事業内容が異なるものの、顧客が必要という点では共通しています。

新しいシステムの開発やウェブ制作のITも、顧客が必要となる場面があります。

代理店や不動産は営業活動の機会が多いと言われているため、営業代行との相性は良いかもしれません。

いずれにしても自分たちが生き残るために、新しい顧客を必要としているわけです。

これらの業種の成功事例を簡単に説明すると、顧客を確保して仕事量が増えたという内容となります。

顧客層の安定が、仕事の安定にもつながるのです。

自分たちの力だけでは余裕がない企業でも、営業代行を活用して成功した事例がいくつかあります。

今現在困っている企業の担当者は、他の企業の成功事例を参考にすると良いでしょう。

記事の中では上記した4つの業種について紹介しますが、それ以外の業種であっても参考にできる部分があるかもしれません。

士業の営業代行の成功事例を学ぼう

弁護士や税理士などの事務所には、以下のような問題があるかもしれません。

★顧問先がなかなか増えない

★顧問料をもう少し高くしたい

★士業のニーズとマッチする企業や個人がなかなか見つからない

★経営の合理化を図りたい

弁護士や税理士などの士業の主な業務に、顧問先の相談に応じるというものがあります。

たとえば弁護士が企業の顧問となり、様々な法律相談に応じて難しい手続きなどを代理する場合もあります。

困っている企業や個人がいて相談の数が安定すれば、弁護士などの士業も安定するでしょう。

顧問となる場合は顧問料が入りますが、その料金が安すぎると士業側は満足できないかもしれません。

そして士業側が仕事をしたくても、都合の良い企業がそう簡単に現れるとは限りません。

以上の内容を踏まえた上で事務所を合理的に経営することは、特定の分野のプロであっても難しい場合もあります。

成功事例ですが、ある代行業者は士業側の相談を細かく聞きました。

なるべく希望通りの結果となるように、営業を仕掛けるエリアやターゲット層を定めるのです。

士業の本業は忙しく、営業活動のために時間を確保することができない場合もあります。

そこで代行業者が士業側の代理となり、顧客情報を徹底して調査したのです。

創業年数や売上、従業員の数や現在の顧問料などの情報です。

顧問先や将来顧問となる見込みがある顧客をリスト化し、面談日の調整まで代行業者が行いました。

このように負担が軽減されたことで、この事例では面談はスムーズに進みました。

結果的に士業側は新しい顧客を確保することができ、今までより高い顧問料で契約できたのです。

士業における営業代行の成功事例では、顧問料の高さがポイントかもしれません。

ITの営業代行の成功事例を学ぼう

数ある業種の中でもITは競争が激しく、時代の変化に敏感である必要があります。

常に新しいサービスが提供され、今現在最新のものでもしばらくすると上位互換のものが登場する場合もあるためです。

つまりITの企業には常に進化が求められており、積極的な営業活動が必要となるのです。

成功事例ですが、ソフトウェアやアプリの開発を行う企業がありました。

その企業は開発した製品やサービスには自信があり、中小企業でありながら業界でも定評がありました。

しかし以下のような事情から、営業面において弱かったのです。

★営業スタッフを確保する余裕がない

★既存の営業スタッフのスキルに問題がある

★紹介やコネクションメインで案件を獲得している

そこで相談を受けた代行業者ですが、そこはITに特化したところでした。

上記した通りITは時代の流れに敏感な業種であるため、代行業者はすぐに営業代行を始めました。

日本には独自の流通構造があると言われており、あえて直接営業に積極的に行ったのです。

メールや電話、ウェブ上のシステムを利用した営業活動も並行して行われました。

それに加えて狙った顧客と直接話し、新しいコネクションを作り案件の紹介数を増やす狙いがありました。

営業スタッフの数が不足しておりスキルに自信がない企業にとって、直接の営業活動は難しいかもしれません。

どんなに素晴らしいソフトウェアやアプリの開発をしたとしても、市場において知名度がなければ売れないためです。

この事例では直接営業の成果が実り、企業のソフトウェアやアプリの知名度がアップしました。

別の企業とのコネクションを作り新しいチャンスにつながるかどうかが、重要ではないでしょうか。

代理店や不動産の成功事例を学ぼう

商材の販売代理をメインとする代理店は、営業スタッフの人手不足に悩んでいました。

店舗で接客を行うスタッフは確保できても、営業活動を行うスタッフが不足していたのです。

また別の不動産企業でも、同じような状況に陥っていました。

店舗のスタッフは十分でも、外に出てアピールするスタッフが不足していたのです。

新しい土地や賃貸住宅などの情報は、不動産企業の店舗でチェックできます。

ウェブ上でも情報をチェックできますが、直接営業を仕掛けてアピールする機会は限られているかもしれません。

2つの成功事例には店舗スタッフの数が十分でも、営業スタッフの数が不足していたという共通する問題がありました。

代行業者はあえてすべての営業を代行せず、一部のみの代行を引き受けたのです。

店舗でも営業活動は可能ではあるため、電話やメールなどを利用した営業活動が行われました。

それによって不動産情報を知った顧客が店舗を訪れて、契約数が増えるのではないかと狙ったのです。

代行業者の狙いは見事的中し、代理店や不動産の業績がアップしたのでした。

・・時と場合によっては役割分担が重要

契約時の相談で双方が合意すれば、必要な営業活動をすべて任せることも可能です。

しかし営業代行は決して楽なものではなく、代行業者にも事情があります。

営業活動の一部を企業側が負担し、役割分担をすることも重要なのです。

上記した成功事例では、代理店と不動産側は代行業者に協力的でした。

すべてを任せるのではなく、自分たちでできることは自分たちで行っていたのです。

成功のためには互いに協力し合う姿勢も必要で、特に代理店や不動産などの店舗がある場合は重要かもしれません。

それぞれの業種でおすすめの代行業者を紹介

記事の中で紹介した士業とIT、代理店と不動産を得意とする代行業者を紹介します。

どの業者を利用するか迷っているのであれば、是非とも参考にしてみてください。

株式会社カタセル

株式会社カタセルは、IT/Web、マーケティング、コンサルティング業界など、ソリューション型/無形商材の商談獲得に強みを持つ営業代行会社です。

約17,000社の大手・中堅企業データーベースを保有。ターゲット企業ごとにパーソラナイズしたセールスレターを作成し、キーマンとの商談獲得をご支援いたします。

【特徴】

✅専門のリサーチ部隊がターゲット企業のキーマンをバイネームで特定

✅ターゲット企業ごとに調査・分析しパーソナライズしたセールスレターを作成

✅大手・中堅企業のキーマンに会える

以下無料の資料で大手・中堅企業の新規案件の受注確度を最大化する「営業手法」についてご紹介しております。

資料を無料でもらう>>>

  • ・従来の営業手法の課題
  • ・新規アポ獲得の可能性を最大化する手法
  • ・具体的な実践ステップ

株式会社DREAMJOB

株式会社DREAMJOBは士業に向けて様々な情報発信を行っている代行業者で、士業事務所のウェブサイト構築や運営なども得意としております。

SEO対策やSEM対策の実施で高く評価されており、ウェブを利用した集客を狙いたい場合におすすめです。

専門知識を持ったコンサルタントがウェブ営業を担当し、士業の中でも税理士や会計士の分野で実績を残しています。

株式会社オール

株式会社オールはITに強く、リテール向けと法人向けにサービスが分かれています。

リテール向けは営業活動に必要なコンサルティングや本部商談、IT関連の商品を取り扱う店舗のサポートなどです。

法人向けは営業経験が豊富なスタッフが選出され、多数の企業の事業拡大をサポートした実績があります。

株式会社コンフィデンス

株式会社コンフィデンスに依頼すれば営業戦略から戦術の策定、営業活動の実施と検証まで行ってもらえます。

その後の改善と売上の確保まで契約の範ちゅうにあり、質の高い営業代行が期待できるでしょう。

企業の営業活動をチェックし、生産性をアップさせた実績があります。

株式会社ESTATE

株式会社ESTATEは訪問営業や電話営業に対応していますが、独自のテストマーケティングサービスがあることが特徴です。

不動産に関する新規事業の選定、テスト的に事業モデルを始める、などの場合におすすめです。

それによって得た結果が、新規事業に活かされるかもしれません。

営業代行にも様々な種類があり、業種が異なるだけで内容が変化する場合もあります。

企業は必要に応じて依頼先を選び分けて、その業者のサービスが自社ニーズをマッチするか考えると良いです。

業者のサービス内容がいくら良くてもマッチしなければ、自社製品やサービスを上手くアピールできない場合もあるため注意してください。

たとえば士業なら士業に特化したところ、実績が豊富で業界から高く評価されているところを選びましょう。

利用する代行業者を決めた後は、納得できるまで相談することです。

契約内容は細かくチェックし、後悔しないようにしてください。

成功事例がわかる場合、必ずチェックすることです。

  1. Home
  2. ブログ
  3. 営業ノウハウ
  4. 営業代行の成功事例業種別まとめ 成功から活用法を学ぶ