ウォーターサーバーの営業代行会社10厳選 特徴や事例、報酬

ウォーターサーバーがオフィスや家庭にあると美味しい水などが楽しめるため、営業を仕掛けると案外売れるかもしれません。

営業代行会社にも、ウォーカーサーバーの取り扱いに長けたところもあります。

おすすめの営業代行会社10厳選と特徴、事例や報酬について紹介します。

ウォーターサーバーの営業代行会社の特徴

どのような営業代行が行われるかは、会社ごとに異なります。

しかしウォーターサーバーの場合、相手と直接会う営業スタイルがメインかもしれません。

ウォーターサーバーはインターネット上のサービスなどとは違い、実際に物理的に設置するものです。

企業のオフィスの隅の方や休憩スペースなどに置き、その場にいる人たちが水を飲んで楽しむでしょう。

つまり営業活動では、イメージのしやすさが重要となります。

以下の営業代行では、工夫が必要となります。

★電話

★メール

★インターネット上のシステム

★展示会

電話やメールによる営業代行を得意とする会社もありますが、それだけではウォーターサーバーの十分なアピールは難しいです。

実物を見てもらったり使ってもらうことができないため、情報のみを伝える営業となるためです。

電話で話しただけでウォーターサーバーの姿形がわからない場合、ターゲットは関心がないかもしれません。

メールを送信してアピールするのも良いですが、ただ文章を送信するだけではウォーターサーバーの魅力が伝わらない可能性があります。

営業用の資料があれば、添付することが重要です。

インターネット上のシステムの場合、情報のやり取りが簡単かもしれません。

ウォーターサーバーに関する情報を公開したり、動画や写真などを送信してターゲットにわかりやすく伝えられる場合もあります。

直接営業を仕掛ける前にインターネット上で上手くアピールできる会社は、何かと強いかもしれません。

そして直接営業以外で実物をアピールできるイベントとして、展示会も重要です。

ウォーターサーバーを紹介するブースを設けて、集まった消費者や業界関係者にアピールするのです。

営業代行会社を選ぶ場合、展示会営業の実績が豊富なところを選ぶと良いかもしれません。

以上の通り営業代行の内容に特徴が見られますが、いずれにしても実績をチェックしてください。

実績が豊富で評判の良いところを探してみましょう。

ウォーターサーバーの営業代行会社10厳選

これから初めて依頼するつもりの人のために、おすすめの10社を挙げます。

ルーツアルファ株式会社

ルーツアルファ株式会社は、ウォーターサーバーのBtoBとBtoC営業の実績があります。

特に関東と関西を中心に活動しているため、2つのエリアでビジネスを狙う企業との相性が良いです。

株式会社ジャパンプ

株式会社ジャパンプは、新規開拓営業やテレアポ代行をメインとしています。

ウォーターサーバーをはじめ様々な業種において実績があり、営業代行のスタッフはいずれも1,000時間以上の実務を積んでいます。

株式会社エージェント

株式会社エージェントは東京に本社を置きますが、地方の企業にも対応しています。

ウォーターサーバーの営業代行実績は全国で月間で500件以上、年間で10,000件以上です。

積極的な新規契約獲得を望む場合におすすめです。

絆ホールディングス株式会社

 絆ホールディングス株式会社は、電話営業代行と、飛び込みによる対面営業の2つを得意としています。

ウォーターサーバーを直接アピールできるため、相手の印象に残りやすいかもしれません。

株式会社クイヒラリ

株式会社クイヒラリは兵庫県を中心に営業代行を行う会社で、地方の企業のサポート実績があります。

ウォーターサーバーの営業代行と並行しつつ、企業の営業力の底上げのためにスタッフ教育のアドバイスにも対応してもらえるのです。

株式会社ambient

株式会社ambientはウォーターサーバーの営業代行に関するデータを自ら公表しています。

関東エリアの不動産賃貸業をターゲットとして、アポイント率は3.2パーセントです。

ちなみにアポイント率ですが、3パーセント以上となると良いと言われています。

ルーツアルファ株式会社

ルーツアルファ株式会社が運営するサービスで、ウォーターサーバーの2週間無料設置を成功させた事例があります。

アポイント先は一般企業だけではなく、専門学校や塾などもあります。

株式会社グッドワークコミュニケーションズ

株式会社グッドワークコミュニケーションズは、営業代行と同時に営業スタッフの派遣も得意としています。

ウォーターサーバーの営業代行を積んだ専門スタッフが多数在籍しています。

株式会社BuzzSolu

株式会社BuzzSoluは、セールスプロモーションを重視した営業代行会社です。

ウォーターサーバーを売るためのプロモーションの提案、販売促進に定評があります。

名古屋営業代行センター

名古屋営業代行センターは名古屋をメインに営業代行を行っていますが、販路開拓を得意としています。

どんなに素晴らしいウォーターサーバーがあっても販路がなければ売上につながらないため、確実性を求める場合に良いです。

ウォーターサーバーの営業代行で成功した事例

ある企業はウォーターサーバーにはどのような効果があるか、営業代行を利用する前に自己分析しました。

ただウォーターサーバーを設置しても、そこにいる人たちが使わなければ意味がありません。

設置だけではなく維持するのにもコストがかかるため、ウォーターサーバーがあると良い場所を考えたようです。

仕事に集中していると、喉が渇くこともあるでしょう。

そのような場合、以下のように思う人もいるかもしれません。

★休憩時間に何か飲み物を飲んでリフレッシュしたい

★飲み物を買ったりロッカーの中に入っているのを取りに行くのが面倒

★座っている席の近くに水があると良い

そのような需要があると考えた企業が営業代行会社に相談し、リサーチを含めて営業代行を依頼したのです。

リサーチとはターゲットとなり得る企業の職場での状況です。

ウォーターサーバーの設置の有無はもちろん、それがあると便利な環境なのかがリサーチされました。

ターゲットをきちんと選定したことで、企業の売上が改善されたという事例があります。

また別の企業は、どこをターゲットにするか迷っていました。

一般企業だけではなく他の場所にもウォーターサーバーが普及すれば売上につながるのでは、と考えていたようです。

そこで営業代行会社に相談すると、その会社は以下をターゲット候補として提案しました。

★学校

★共同スペース

★スポーツジム

このように一般企業や家庭だけではなく、人が多く集まる場所がターゲットとなったのです。

特にスポーツジムはウォーターサーバーを設置する場所として、相性が良かったかもしれません。

身体を動かして汗を流すと、休憩中に水が飲みたくなるでしょう。

ウォーターサーバーが設置されていれば、ジムの利用者の満足度が高くなるかもしれません。

それを狙って営業代行を続けたところ、狙いが見事的中して契約数が伸びたという事例があります。

ウォーターサーバーの営業代行の成功には、ターゲットの選定が重要です。

ウォーターサーバーの営業代行の報酬

営業代行の対価として支払う報酬ですが、大きく分けると3つの種類があります。

★固定報酬型

★成果報酬型

★複合型

固定報酬型は営業代行の依頼時に取り決めたサービス内容に対して、決まった金額を支払うものです。

営業代行会社が努力して契約数が大幅に増えたとしても、固定された報酬以上を支払う必要は基本的にはありません。

毎月の料金が固定されているため、企業側は限られた予算の中で最大限の恩恵を受けられる場合もあります。

ただし営業代行が失敗に終わった場合、また何も活動がない場合でも支払いの義務が発生します。

支払った報酬に対して十分な結果が出ない場合もあるため、優秀な営業代行会社に相談することが重要です。

営業活動の実態をチェックするために、レポートの提出を求めると良いです。

成果報酬型の場合、毎月の支払いは一定ではありません。

営業代行で結果が出た場合に対し、報酬を支払うものです。

つまり成功しない限り、報酬を支払う義務はないのです。

アポイント件数や契約の数などで評価され、成功の数に比例して報酬額は高額となります。

たとえば契約が1つ成立したら1万円、などのように決まっています。

複合型は固定報酬型と成果報酬型が組み合わされたものです。

毎月の固定費に加えて、成果に応じた報酬がプラスされます。

2つの種類の支払いがあるため、報酬が高くなると思う人もいるかもしれません。

しかし固定費に営業のためにかかった経費が含まれている場合、コスト削減ができることもあります。

上記した通り営業スタッフが歩き回り直接営業を仕掛けるスタイルもあるため、そのための費用が大きくなる場合もあります。

それでも固定費の中に含まれていれば、依頼した企業側がいちいち計算する必要はありません。

もし諸費用の請求がある場合、営業代行会社の方から話があるでしょう。

報酬が原因で揉めないためには事前にチェックして、双方の合意がある契約をすることです。

ウォーターサーバーの営業代行の基本は直接営業となり、加えてインターネットや展示会などのイベントで注目と集めることが求められます。

記事の中ではウォーターサーバーの営業代行会社を10社厳選しましたが、魅力に感じたものはありましたでしょうか。

その会社がウォーターサーバーをどのように取り扱っているか、営業時に何をポイントとするかなども考えてみてください。

契約後上手くいけば事例のように成功する可能性もあるため、依頼する会社選びは妥協しないことです。

報酬の種類は複数ありますがまずは会社と相談し、自分たちの都合に合わせて決めると良いでしょう。

  1. Home
  2. ブログ
  3. 営業ノウハウ
  4. ウォーターサーバーの営業代行会社10厳選 特徴や事例、報酬