営業効率を上げるWEB会議サービス7選|使い方や料金比較

営業効率を上げるWEB会議サービス7選|使い方や料金比較

インターネットを活用して遠隔でのミーティングを可能にするWEB会議システム。ミーティングだけでなく、WEB上でのオンライン営業に活用され、出張費用・手間の軽減などに活用する企業が増えています。

本記事では、WEB会議システムのメリット・デメリット、選び方とともに、おすすめしたいWEB会議システム7選を紹介していきます。WEB会議システムの導入を検討している場合は、ぜひ参考にしてみましょう。

WEB会議システムとは

WEB会議システムとは、インターネットを通じて、音声・映像・データをやり取りし、パソコンやスマートフォンなどで会議ができるシステムです。出向くことの難しい遠隔地との会議を可能にし、グループ店との会議、在宅ワーカーとのコミュニケーションなどに活用できます。

遠隔での会議方法として、テレビ会議もあります。テレビ会議はテレビや周辺機器などが必要で、会議スペースを確保しなくてはいけません。一方、WEB会議システムは、パソコンやスマートフォンで会議ができるので、場所を選ばず利用可能です。テレビ会議よりも柔軟性が高く、幅広いビジネスシーンで活躍しています。

営業においては、WEB会議システムが登場したことによって、従来の訪問型営業をオンライン営業に変えられるようになりました。顧客と遠隔で商談を行うことで、実際に出向かなくても成約を取ることができます。営業にかかる時間や移動費用などを削減し、営業効率を上げるツールとして広まっています。

WEB会議システムの導入が営業に与えるメリット・デメリット

WEB会議システムを導入すると、どのように営業が変化するのでしょうか。遠隔で会議ができるようになることによって、効率面やコスト面でメリットが多いです。ただインターネット環境によっては通信が途切れるというデメリットも考えられます。メリット・デメリットを参考に、自社にWEB会議システムが向いているのか見極めましょう。

オンライン営業ができる

WEB会議システムのメリットとして外せないのが、離れた場所とオンライン営業できること。これまでの営業スタイルでは、遠く離れた企業にニーズがあったとしても、訪問することができず、あきらめていたことでしょう。オンライン営業であれば、場所を縛らずに営業できるので、より幅広い顧客をターゲットにできます。

電話やメールでしか話したことがないという顧客ともコミュニケーションをとれます。顔の見えないやり取りでなかなか進まなかった商談も、WEB会議システムを通して、顔を見て話すことで信頼関係をつくれるかもしれません。

営業効率が大幅にアップする

WEB会議システムを使うことで、デスクに座って営業に臨むことができます。出社してパソコンを開き、時間になったら相手にコンタクトして営業を始めるだけで、特に移動時間はかかりませんね。営業に必要な資料は、デスクのキャビネットから取り出せばよいので、準備もスムーズです。

従来の訪問スタイルの営業はどうでしょうか。必要な資料やパソコンをかばんに入れ、徒歩や交通機関を使って顧客の元へ向かい、顧客と対面してやっと営業スタートです。オンライン営業に比べて、移動時間や手間がかかります。

ひとつひとつの営業の効率はもちろんですが、営業全体の効率にも関わります。オンライン営業であれば、案件ごとに移動することなく、デスクで1日に複数の会議を行えます。より多くの顧客にアプローチでき、売上アップを実現できるでしょう。

また営業が効率化されることで、他の業務に時間を使うことも可能です。空いた時間にチームでのミーティングを行ったり、営業活動の分析をしたりするなど、有効に時間を使って、業務全体を効率化されます。

営業にかかっていたコストの削減

遠くの顧客を訪問するには、出張費がかかりますよね。飛行機代や新幹線代、宿泊費などのコストが必要で、営業マンが多かったり、営業の頻度が多かったりすると、コストを無視することはできません。営業コストは、WEB会議システムを導入すれば、たちまちに削減できます。移動費用や宿泊費用がなくなり、コストが浮くので、他の部分の設備投資などに活かせるでしょう。

テレビ会議システムでオンライン営業する方法にありますが、モニター・スピーカー・マイクなど専用機器が必要になるので、初期費用の面でもWEB会議システムの方がベターです。

インターネット環境によっては途切れることも

WEB会議システムは、インターネット環境が利用の前提となります。インターネット環境が不安定だと、音声が途切れたり、映像が止まったりして、オンライン営業をスムーズに進めることができません。

外出先でWEB会議システムを利用する場合は、より注意が必要です。ネット回線が干渉しあうなど、接続が不安定になりやすいでしょう。Wi-Fi環境がなければ、通信制限がかかって遅延が生じることも考えられます。

対面営業よりも雰囲気が伝わらない

オンライン営業は、普段会えない人にも営業できるのはメリットですが、対面営業よりも雰囲気が伝わりにくいでしょう。画面を通してのコミュニケーションになるので、目の前で顔を合わせて話すよりも、声の圧や表情、人柄などが読み取りにくいです。熱く話しても伝わらなかった、暗い印象を与えてしまったなどもあるでしょう。

WEB会議システムの選び方

WEB会議システムにはさまざまな種類があるので、どれが良いのか悩んでいる企業の担当者も多いでしょう。WEB会議システムの選び方として、安定した通信・使いやすさ・費用・セキュリティ・サポート体制といった5つのポイントがあります。それぞれを検討して、自社に合ったWEB会議システムを選びましょう。

安定した通信ができるか

WEB会議システムでまず重視したいのが、安定した通信ができるかどうかです。通信が不安定になり、音声や映像が途切れてしまうと、自社の商品・サービスのアピールが聞こえなかったり、確認が聞き取れずすれ違いが起きたりするなど、営業の支障をきたすでしょう。通信の安定したWEB会議システムを選ぶことで、クリアな音質・映像でストレスなく商談を進められます。

企業内にシステムを構築するオンプレミス型のWEB会議システムは、通信の安定性が高いです。クラウド型と違い、他の回線や利用状況に影響されないので、安定した質でオンライン営業を可能にします。

誰でも使いこなせるか

使いやすさも大切なポイントで、誰でも使いこなせるかに注目して、WEB会議システムを選びましょう。設定が難しい、操作手順が複雑といったWEB会議システムを導入してしまうと、活用しにくいだけでなく、結局使われてなくなってしまうこともあり得ます。

使いやすさをチェックする際は、設定方法や操作の手順、画面のレイアウトなどを重点的に見ましょう。無料トライアルで一度使ってみるのもおすすめです。

費用に対して効果が見合っているか

新たなシステムを導入するときに気になるのはコストです。ただ、できるだけ安いものを選ぼうとすると、機能やサービスが不十分で後悔してしまうかもしれません。費用が効果に見合っているかが重要です。

高額なWEB会議システムを導入しても、成果が上がらなければ、コストの方が多くなってしまいます。反対に、安いWEB会議システムで満足できない場合はコスト自体が無駄になるでしょう。WEB会議システムを導入することによって削減できるコストとWEB会議システムの導入コストを比べて、自社に合った費用のシステムを選ぶ必要があります。

セキュリティ対策ができるか

WEB会議システムでは、インターネット回線を使用するので、データや情報が絶対に漏洩しないとは言えません。情報保護を重視する場合は、WEB会議システムのセキュリティ性に注目しましょう。

セキュリティ性の高いWEB会議システムの特徴としては、通信データの暗号化、ユーザー認証、パスワード設定などがあります。情報漏洩の可能性がほとんどないので、安心して利用することができます。

サポート体制が充実しているか

サポート体制が充実しているWEB会議システムを選ぶと、使い方がわからなかったり、トラブルが起きたりしても、すぐに対応を問い合わせることができます。遠隔操作で問題を解決するオンサイトサポートや電話・メールサポートなどがあると安心です。WEB会議システムのなかには、多言語対応サポートもあります。海外向けの商品・サービスを扱っている場合はぜひチェックしましょう。

WEB会議システム7選

おすすめのWEB会議システムを7つピックアップしました。それぞれの特徴や料金、使い方などをまとめているので、WEB会議システムを比較して、導入の検討に役立てましょう。

Fresh Voice

Fresh Voiceは、企業ははじめ、官公庁、教育期間など、4000社以上の導入実績があるWEB会議システムです。最大の特徴は、最大200拠点までの同時表示。社外にいる担当者ともつないで、オンライン営業を円滑に進めることができます。

使い方もとにかく簡単。わずか3クリックでWEB会議を始められます。他にも、WEB会議の録音・録画やファイルの画面共有といった機能も便利です。セキュリティ性、サポート体制も整備されていて、オールラウンドなWEB会議システムと言えます。

機能・WEB会議の録音・録画・地図機能・デスクトップ・ドキュメント共有
料金・リミット10(月10時間プラン):同時接続数2~5 15,000円・6~10 30,000円・リミット20(月20時間プラン):同時接続数2~5 25,000円・6~10 50,000円・フラット(無制限):18,000円~
サポート体制サポートデスク

Cisco Webex Meetings

cisco WebexのサービスのひとつであるWebex Meetingは、シンプルで使いやすいWEB会議システムです。クリックやタップひとつで会議に参加できるので、だれにでも使いこなせるでしょう。人数の上限もないので、他拠点をつないでのオンライン営業も可能です。クリアな音声と映像の質も高く、ストレスフリーなコミュニケーションで、商談を進められます。

機能・マルチデバイス対応・ドキュメント、アプリケーション共有・会議の録画・録音
料金・無料プラン・Starter(小規模):1ホスト月額1,490円・Plus(中規模):1ホスト月額1,980円・Business(大規模):1ホスト月額2,980円
サポート体制・FAQ・サポートへの連絡

Connect live

楽天コミュニケーションズが提供するConnect liveは、簡単な設定・操作ですぐにオンライン営業を始められます。使い慣れたブラウザでWEB会議をできるので、事前設定やソフトインストールなどが必要ありません。使い方も簡単で、WEB会議のURLを発行し、相手にURLを伝え、URLにアクセスするだけです。使いやすさを重視したい場合におすすめのWEB会議システムとなっています。

機能・テキストチャット・録画録音・ファイル共有・画面、アプリケーション共有・多拠点対応・ミーティングスケジュール管理・電話による音声参加
料金・1ホスト月額1,950円~
サポート体制ヘルプデスク

LiveOn

LiveOnは、安定した通信が魅力のWEB会議システムで、遅延や音切れなくオンライン営業をしたいという企業におすすめです。独自の自動帯域制御機能によって、音声遅延や音切れを防ぐだけでなく、クリアな音質となめらかな画質でハイクオリティなWEB会議を実現します。また料金は、定額制の月額3,000円です。どれだけ使っても料金が変わらないので、低価格で運用できます。

機能・資料共有・ホワイトボード・録画録音・メディア再生・招待メール・コールセンター機能
料金・月額費用:3,000円・初期費用:78,000円
サポート体制・FAQ・オンラインヘルプ

BizMee

BizMeeは、会議室を作り、そのURLを共有・クリックで簡単にオンラインミーティングを可能にします。ソフトウェアのインストールや会員登録なども必要ないので、設定も簡単です。すぐにWEB会議システムを使いたい、使いやすさを重視したい場合に適しています。ホワイトボード機能や議事録機能もあり、実際の会議室にいる感覚でWEB会議ができます。

機能・高品質通話・ホワイトボード・議事録
料金・基本料金、初期費用無料
サポート体制

Zoom

Zoomミーティングは、デバイスを問わずどこでも利用することができます。社内のパソコンだけでなく、タブレットやスマートフォンを使って社外でもオンライン営業を可能にします。最大1,000人まで参加できるのも魅力で、多拠点をつないだ営業にも適しています。またセキュリティ性にも優れ、パスワード保護や暗号化によって、安心して利用することができます。

機能・画面共有・共同注釈・チャット・アンケート機能・質疑応答機能・バーチャル挙手・使用状況、使用量の傾向把握・多言語オプション・アプリケーション連動
料金1ホスト月額200,000円
サポート体制・サポートセンター・ライブトレーニング

Skype

Skypeは、普段のテレビ電話などに使われることが多いですが、オンライン営業にもおすすめです。リアルタイムの字幕機能や画面共有機能によって、商談内容や会話内容をわかりやすく共有することができます。パソコン版、モバイル版、タブレット版など種類があるので、外出先でのオンライン営業にも対応可能です。

機能・HDビデオ通話・リアルタイムの字幕表示・画面共有・録画録音
料金無料
サポート体制

まとめ

WEB会議システムを導入することで、オンライン営業が可能になります。これまで営業にかかっていた移動時間やコストが削減され、大幅に効率化されます。WEB会議システムの導入でより成果を上げるためには、選び方が重要です。通信の安定性や使いやすさなどを重視して見極めましょう。WEB会議システム7選も参考にして、自社に合ったWEB会議システムを見つけてくださいね。

  1. Home
  2. ブログ
  3. 営業ノウハウ
  4. 営業効率を上げるWEB会議サービス7選|使い方や料金比較