テレアポ営業者必見!パターン別のクロージングスクリプト例

テレアポ営業者必見!パターン別のクロージングスクリプト例

テレアポのクロージングが上手くいかなくて、なかなかアポイントが取れないという方も多いと思います。

そこで、本記事ではそのようなお悩みを持つ方に向けてBtoC、BtoBのパターンに分けたクロージングのスクリプトをご紹介します。

BtoCのテレアポのクロージング例とは

BtoCは一般企業ではなく一般消費者への架電ですので、丁寧さよりも親近感を心がけることでアポイントを取りやすくなる傾向があります。

では具体的にBtoC向けのテレアポのクロージングの例にはどのようなものがあるのでしょうか。

クロージングのスクリプト

クロージングのスクリプト

もちろん! このお電話口だけで、どうのこうのというのは 難しいかと思いますので

「実際にどのような仕様になっているのかを簡単な事例を用いてご紹介させていただきたいと 考えていたのですが、 」

「一応、来週の火曜水曜もそちらの地域にお伺いする予定もあったのですが さすがに少し急かな〜と思いましたので 」

「例えばなんですが、ちょうど来週の木曜金曜と近くにお伺いする予定がございましたので 木曜もしくは金曜の午前あたりなどご都合いかがでしょうか? 」

ポイント

BtoCの場合、BtoBと比べると感情表現が豊かな方が話を聞いてもらいやすいので、「!」や緩急をつけながら進めるのがおすすめです。

また、「もちろん」「どうのこうの」「簡単な」「さすがに少し急かな~」のように少しかみ砕いた表現は、相手との距離感が縮まりやすいでしょう。

BtoCの営業先にテレアポをするときはこれらのことを意識してみてください。

BtoBのテレアポのクロージング例とは

BtoBは一般企業向けとなっているので、落ち着いた口調の方がより担当者に繋がりやすい傾向があります

また、落ち着いて話すことで、あたかも既存顧客のように受け取ってもらえることあり、自然とアポイントに繋がる機会も多くなります。

クロージングのスクリプト

クロージングのスクリプト

「このお電話口だけで、判断できないことも多いかと思いますので、」

「実際にどのような仕様になっているのかというのを同業他社様で実際に導入したときの事例を用いてご紹介させていただきたいと、考えていたのですが、 」

「今週ですとちょうど、来週再来週そちらのご地域に伺う予定がございましたので」

「例えばなのですが、来週の〇曜日もしくは、〇曜日の午後などは ご都合いかがでしょうか?」

ポイント

さきほどのBtoCと比べると「!」が無いので、落ち着いた丁寧な口調になっています。

また、BtoBの場合、実際に導入している同業企業の様子も気にすることが多いので、「事例」という言葉を使うと相手の興味を掴みやすくなります。

続いてはBtoBで多い資料送付をお願いされたパターンのテレアポのクロージングをご紹介していきます。

BtoBで資料送付をお願いされた場合のクロージングのスクリプト

BtoBで資料送付をお願いされた場合のクロージングのスクリプト

相手先「資料送付をお願いします」

営業マン「ありがとうございます! 弊社の商品についての概要は弊社のHPに記載されているものと同じものでよろしければ、お送りさせていただいております 」

「ただ、過去の導入実績や同業他社様の事例に関してはインターネットで公開をしているご案内よりも、より詳細に弊社の担当者からご紹介をさせてもらっています」

「正直に申し上げて、概要のみの資料ですと導入後のイメージが付きづらいかと思いますので、 ちょうど、今週の〇~〇曜日でしたら、お近くに伺う用事が御座いましたので、」

 「一度過去の事例を用いてご紹介させていただければ、と考えていたのですが、 ご都合いかがでしょうか?」

ポイント

資料送付をお願いされたとしても相手が少し興味を湧いている様子ならアポイントに繋げていくのがおすすめです。

資料送付よりも実際に会った方が相手にとってもメリットがあるということを相手に伝えた上で、アポイントのクロージングに移りましょう。

テレアポのクロージングに持っていくまでに相手に電話を切られないようにするコツも知りたい方はこちらもご一読ください。

#20 【テレアポ編】売れる営業マンが実践する相手に切られない5つのコツ

各企業に合わせたテレアポのクロージング例を活用しよう

ここまで、パターン別のテレアポのクロージング例について解説してきました。

こうしたスクリプトをパターン別に使い分けることで、営業効率のアップが期待できます。

一方、自社ではなかなか裁量権を持った担当者とのアポイントが取れないとき場合は、営業支援サービスなど、テレアポ以外の方法を模索するのもひとつの手です。

そして、カタセルでは成果報酬型の「キーマンを狙ったトップダウン型のアプローチ」で取締役や部長といった決裁権を持った担当者との商談やアポイント獲得を支援しています。

こうした営業手法にご興味のある方に向けてお役立ち資料をご用意いたしましたので、ぜひご一読ください。

お役立ち資料のダウンロードはこちら

  1. ブログ
  2. 営業ノウハウ
  3. テレアポ営業者必見!パターン別のクロージングスクリプト例