営業支援はスマホ一つで完結?営業効率を上げるおすすめアプリ5選

営業支援はスマホ一つで完結?営業効率を上げるおすすめアプリ5選

最近はスマホ一つで営業支援が可能となるアプリ開発が進んでおり、これらを積極的に導入する企業も増えています。

そこで本記事では、会社の営業効率を上げる方法として、おすすめアプリを5つご紹介します。

業績アップを図れるおすすめ営業支援アプリ5選

ここでは、アプリによる営業支援で業績アップを叶えるおすすめアプリを5つ、特徴や効果、費用と併せて解説していきます。

1.rakumo

1.rakumo

引用:rakumo

  • rakumoカレンダー
  • rakumoワークフロー
  • rakumoボード
  • rakumoケイヒ
  • rakumoタイムレコーダー
  • rakumoコンタクト

こちらの営業支援アプリは上記の機能があります。

Googleカレンダーをグループカレンダーとしてデザインし、チームでのスケジュール管理を簡単にしたり、他にも社内の業務フローをデジタル化し電子承認や電子稟議を実現したりします。

得られる効果

  • チームでのスケジュール管理により無駄を削除
  • ワークフローの電子化により電子承認や電子稟議を実現し、承認までの時間を短縮
  • 出退勤打刻管理が可能に
  • 社外と社内の連絡先を一元管理できコミュニケーションがスピーディーに

必要な機能に応じて導入機能を選択できるので、コスパの良い営業支援アプリと言えます。

導入費用

機能 料金
カレンダー 月額100円/1ユーザー
ワークフロー 月額300円/1ユーザー
ボード 月額150円/1ユーザー
ケイヒ 月額300円/1ユーザー
タイムレコーダー 月額100円/1ユーザー
コンタクト 月額50円/1ユーザー

セットによる割引などもございますので気になる方はこちらでご確認ください。

詳細はこちら

2.Misoca

2.Misoca

出典:Misoca

こちらは見積書・納品書・請求書を1分で作成できる営業支援アプリです。

スマホ1つで外出先でも作成できるので、隙間時間の効率化にも使えるだけではなく、見積書から納品書・請求書への変換、請求書から領収書の作成も簡単に行えます。

また、ワンクリックで郵送やメール送付が可能なのも魅力的なアプリです。

得られる効果

  • 見積書・納品書・請求書の作成が1分で完結し必要時間の削減
  • 請求書の発送コストを最大90%削減
  • 請求・回収漏れをゼロにすることが可能

見積書などを簡単に作れるだけではなく、発送コストを抑えたり、請求の回収漏れを無くしたりできるということで、営業支援アプリとして人気を集めています。

導入費用

プラン名 (月間請求書作成数) 基本料金(年額)
プラン15 (15) 8,000円
プラン100 (100) 30,000円
プラン1000 (1,000) 100,000円

月の請求書作成数によって料金が異なります。

基本料金の他に請求書の郵送や見積書のFAXなどオプション料金もありますので、詳細が気になる方はこちらをご確認ください。

詳細はこちら

3.Sansan

3.Sansan

引用:Sansan

こちらは社内にある全ての名刺を集約し、名刺を“価値ある資産”に変える営業支援アプリです。

専用のスキャナーで名刺をスキャンするだけで、社内の名刺を一括管理できます。

名刺データを社内で共有できるのが嬉しいポイントです。

また、名刺の人物に紐づけた商談内容の記録や社外でも名刺情報を確認できるので、使いやすく便利な営業支援アプリとして人気を集め、国内シェアの82%を占めています。

得られる効果

  • 引き出しに眠った名刺を社内で共有することで営業チャンスが拡がる
  • 1日かけていた名刺のデータ入力が5分に短縮され社員の生産性が上がる
  • 名刺データに商談記録を紐づけ担当者変更時の引き継ぎも容易に

ただ名刺をデータ化するだけではなく、社内での共有が容易であったり、商談記録を名刺に紐づけできたりするので、人気を集める営業支援アプリとなっています。

導入費用

こちらはお客様に最適なプランをオーダーメイドで作成するため、気になる方はこちらからお見積もり依頼をしてください。

詳細はこちら

4.kincone

4.kincone

出典:kincone

こちらは経費精算を楽にしてくれる営業支援アプリです。

IC定期券をタッチするだけで退勤情報管理できるのはもちろん、交通機関の情報も読み取り、交通費精算にかかる労力を削減します。

こちらは直接的に営業支援を実現するものではありませんが、営業マンの付帯工数を減らすことで主体工数に割く時間を増やすことができるということで人気を集めているアプリです。

得られる効果

  • 退勤管理が容易になり打刻漏れを減らすことが可能
  • 社外からのWEB打刻も可能で営業先から直接帰宅も可能になり営業マンの負担を削減
  • 交通費精算が容易になり、精算にかかる時間の削減

こちらの営業支援アプリは退勤管理が可能なのに加え、WEB打刻も可能なため営業マンにとって嬉しいアプリと言えます。

導入費用

プラン 料金
基本プラン 200円/1従業員

基本的にはこちらの料金のみで導入できますが、上記でご紹介したkintoneとの連携をする場合、カスタマイズに別途費用が発生します。

アプリについて詳細を知りたい方はこちらをご確認ください。

詳細はこちら

5.Trello

5.Trello

出典:Trello

こちらは個人もしくは社内でタスク管理ができる営業支援アプリです。

直感的な操作でタスクを管理し、社内のメンバーとタスクの共有が可能です。

タスク管理で毎日の業務整理をして、効率的な営業活動を行いましょう。

得られる効果

  • タスク管理で仕事の漏れを無くす
  • 社内メンバーとのタスク共有で業務の引き継ぎが容易に
  • 期限の設定で通知が可能に

容易に社内でタスク管理が可能のため、すでに導入している会社も多い営業支援アプリです。

導入費用

こちらは無料で使えるアプリです。

導入費用が0円なのですぐにでも導入を検討しましょう。

詳細はこちら

自社にあった営業支援アプリで営業活動を効率的に

ここまで、スマホ一つで利用できるおすすめの営業支援アプリを解説してきました。

それぞれの営業支援アプリは異なる特徴や効果があるため、自社にあったものを選ぶようにしましょう。

ただ、本記事をお読みいただいた上で、やはりアプリの導入だけでは不安という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そうした方におすすめなのが、低リスクで成果につながりやすい「キーマンを狙ったトップダウン型のアプローチ」です。

そして、カタセルでは、成果報酬型でキーマンとの商談獲得の支援サービスを行っています。

こうした営業手法にご興味のある方に向けてお役立ち資料をご用意いたしましたので、ぜひご一読ください。

お役立ち資料のダウンロードはこちら

  1. ブログ
  2. 営業ノウハウ
  3. 営業支援はスマホ一つで完結?営業効率を上げるおすすめアプリ5選