「BtoB」「BtoC」「BtoE」「BtoG」「CtoC」「GtoC」とは?

ビジネスでは様々な取引や営業が行われていますが、それには様々な種類があります。

今回は記事の中でBtoBとBtoC、BtoEとBtoG、そしてCtoCとGtoCの6つを紹介しますので1つずつ覚えておきましょう。

その中でもBtoBとBtoCの違いとは何か、特徴を踏まえて解説しますので是非とも参考にしてみてください。

BtoBとは何か

Men, Employees, Suit, Work, Greeting

取引を個人間ではなく企業間で行う場合、BtoB取引と言います。

BtoBという言葉の意味を細かく見ると、以下の通りとなります。

★1つ目のBはビジネスや事業を意味するBusiness

★toは何々へという意味がある英単語のto

★2つ目のBもビジネスや事業を意味するBusiness

2つ目に紹介したtoの意味は、他の種類も同じです。

事業から事業へ、つまり事業を持つ企業が企業に対して製品やサービスを提供することです。

営業代行などでBtoB営業と言われる場合、法人格を持った企業を相手に営業を行うという意味となります。

個人ではなく企業がターゲットとなるため、その企業のニーズに合った製品やサービスを営業活動によりアピールすることが重要となります。

取引先が固定される場合もあり、不特定多数にアピールするテレビCMなどのプロモーションとはマッチしません。

狙っている企業があれば、直接営業を仕掛けることが重要となります。

BtoB取引を得意とする代行業者もあるため、利用時に探してみてください。

BtoCとは何か

Women, Teamwork, Team, Business, People

取引や営業は企業同士となるとは限らず、企業が個人をターゲットとして営業を仕掛けることもあります。

企業が個人に対して製品やサービスを提供する取引を、BtoC取引と言います。

Bはビジネスや事業を意味するBusinessであり、Cは消費者を意味するConsumerのことです。

企業が素晴らしい製品やサービスを開発したとしても、市場で人気が出ず売れない場合もあります。

市場では知名度のあるものが売れやすいと言われており、営業を仕掛けて消費者である個人にアピールすることが重要なのです。

企業や代行業者が行う営業活動では、個人に電話やメールを行う場合もあります。

製品やサービスを直接知ってもらい、市場での知名度を上げる狙いがあります。

ちなみにビジネスの世界では、知名度のあるものはそれだけである程度売れるという意見もあります。

営業活動や営業代行には企業の売上アップという目的がありますが、BtoC営業により知名度が上がれば成功と言えるかもしれません。

市場のニーズを理解し、売れそうなものをピックアップすることも重要です。

BtoEとは何か?

Time, Time Management, Stopwatch

少し変わった内容の取引や営業の場合、企業のスタッフが営業のターゲットとなることもあります。

企業とスタッフの間で取引を行う場合、BtoE取引と言います。

BtoE取引のBusinessは、企業という意味となります。

Eは従業員、つまり働くスタッフを意味するEmployeeのことです。

企業がスタッフに対して製品やサービスを提供する、という意味でBtoEという言葉が使われることもあります。

スタッフは企業という組織に所属して、その企業のために働く存在です。

しかし人生のすべての時間を企業のために使うわけではなく、個人としてものを購入する消費者となる場合もあります。

企業もスタッフの満足を高めてパフォーマンスを発揮させるため、日常のシーンをサポートしようと製品やサービスを提供することもあるのです。

そのために必要となるのがBtoE営業で、以下のような例があります。

★社員食堂やケータリングサービス

★オフィス内に設置されたコンビニ

★スタッフに向けられた宅配サービス

BtoEは福利厚生の1つとされることもあります。

BtoGとは何か?

Laptop, Office, Hand, Writing, Business

営業活動や営業代行のターゲットとして、行政が注目されることもあります。

企業と行政の間で取引を行う場合、BtoG取引と言います。

Businessの部分は企業という意味であり、Gは行政や政府を意味するGovernmentのことです。

簡単に説明すると、国を顧客として取引を行うのです。

BtoGのターゲットは企業や個人とは異なるため、BtoGの営業代行が可能な業者は限られているかもしれません。

BtoGには3つの種類がある

3つの種類を挙げると、以下の通りです。

★指名競争入札

★一般競争入札

★随意契約

指名競争入札とは行政側があらかじめ企業を選び、選ばれた企業だけが参加可能となる入札のことです。

過去に何かしらの実績があり、信頼性が高いと評価された企業に声がかかることもあります。

一般競争入札は公募により企業の募集を行い、提出された見積もりや金額などをポイントとしています。

随意契約の場合は入札がなく、行政側が特定の企業を指名して契約先を選びます。

CtoCとは何か

Entrepreneur, Startup, Start-Up, Man

企業が関わらない取引や営業も存在します。

個人である消費者同士が取引を行う場合、CtoC取引と言います。

1つ目と2つ目のCは、消費者を意味するConsumerのことです。

売り手が消費者ですが買い手も消費者であるため、概念的にはBtoCに近いかもしれません。

消費者が営業代行などのプロという場合もあれば、双方ともに素人という場合もあります。

CtoCの例を挙げると、以下の通りです。

★フリーマーケット

★インターネットのオークション

★知り合い同士で商品の売買を行う

消費者間の取引となるため、何かトラブルが発生した場合は自己責任となります。

しかし最近ではCtoCをサポートするサービスが登場しているため、必要に応じて利用することをおすすめします。

フリーマーケットやオークションの場合、スマートフォンのアプリが公式リリースされています。

それを利用して不要なものを出品すれば、気軽にCtoCを始められるでしょう。

決済を代行してもらえるサービスもあるため、CtoCは身近なものかもしれません。

GtoCとは何か

Success, Business Woman, Career, Jump

企業が関わらないもう1つの取引として、GtoCというものもあります。

行政と消費者の間で取引を行う場合、GtoC取引と言います。

Governmentの部分は行政という意味であり、Cは消費者を意味するConsumerまたは市民を意味するCtizenとなります。

この場合消費者と市民の違いは、あまり気にしなくても良いでしょう。

行政は国をいう言葉に言い換えることができ、個人を対象として提供するサービスが存在します。

日本で生活を営む必要、書類の手続きが必要となることもあります。

GtoCの例を挙げると、以下の通りです。

★住民票やパスワードなどの電子申請

★インターネット上のシステムを利用した確定申告

★スポーツ施設などの電子予約

★行政に関するオンライン相談

行政が市民のために提供するサービスを利用する、また消費者が必要に応じて購入することがGtoCとなります。

営業代行では企業の関わりがあることが基本となるため、GtoCとの関係性は基本的にはありません。

BtoBとBtoCの違いとは何か

Architecture, Building, Business, City

様々な種類の取引や営業を紹介しましたが、BtoBとBtoCの違いとは何かをわかりやすく説明するために以下にまとめてみました。

★対象となる顧客

★取引や営業に関する意思決定者

★営業代行で考慮させるポイント

★検討期間

BtoBは企業間取引であるため顧客は法人格を有した企業などですが、BtoCは個人となります。

そしてBtoBの営業代行でどのような営業を仕掛けるか、決定するのは組織の上層部や営業部長となります。

個人を相手とするBtoCの場合、取引を行うスタッフ本人に委ねられる場合もあります。

考慮させるポイントにも違いがあり、BtoBの営業代行では企業の売上アップなどの経済効果が重視されます。

BtoCは個人に好かれるようにすることを重視するため、個人顧客の満足度が考慮されます。

判断基準の違いですが、BtoBは長期となりBtoCは短期となりやすいです。

企業との関係は大きく、将来を考えると長期的に続けることが望ましいとされています。

個人が相手の場合はその都度営業を仕掛けるため、短期となることが基本です。

代行業者の中でもBtoBとBtoCに定評のある3社を紹介

Ux, Prototyping, Design, Webdesign, App

BtoBとBtoCの違いとは何かを理解した後は、実際に代行業者に依頼してビジネスチャンスを掴みましょう。

以下に挙げる3社を比較し、検討してみてください。

株式会社コミットメントホールディングス

株式会社コミットメントホールディングスは、BtoB営業代行を専門とするサービスを展開しています。

このサービスに申し込み利用すると、クロージングや入金催促まで対応してもらえます。

アポ率は常に3パーセント以上を維持しています。

株式会社ナビパートナーズ

株式会社ナビパートナーズは、東京でのBtoBに強いと言われています。

企業の本社が地方にある場合、東京へのアピール計画の代行をしてもらえるのです。

ルーツアルファ株式会社

ルーツアルファ株式会社はBtoC営業の中でも、法人に関するサポート実績が多数です。

個人顧客を獲得するために、会員情報を活かした営業代行が実施されています。

社労士事務所やリフォーム業者、保険会社や結婚相談所などから選ばれています。

まとめ

BtoBやBtoCなどの数ある種類にはどのような意味があるか、BtoBとBtoCの違いとは何か、などをまとめてみました。

取引や営業に関係する人にとって、それぞれの意味を理解して使い分けることは基本ではないでしょうか。

特にBtoBやBtoCはどちらも企業が関わるため、営業代行との関係性も高いかもしれません。

相手が企業であっても個人であっても、製品やサービスの魅力を上手く伝える必要があることは共通しています。

企業が直接関わらない取引もあるため、営業代行の利用を希望する場合は必要性の有無をよくチェックしましょう。

BtoBとBtoCの違いとは何かと質問された場合、検討期間などのポイントも含めて説明できると良いです。

  1. Home
  2. ブログ
  3. 営業ノウハウ
  4. 「BtoB」「BtoC」「BtoE」「BtoG」「CtoC」「GtoC」とは?