映像制作会社向け営業代行会社比較と知っておきたい知識、事例

営業代行の会社には種類がありそれぞれ得意とする分野に差がありますが、中には映像制作会社のサポートを得意とするところもあります。

専門の営業代行会社があるためそれらを比較し、知っておきたい得する知識をマスターしておくと良いです。

実際に成功した会社の事例も一緒に紹介しますので、自社の売上を気にする関係者は要チェックです。

映像制作会社と営業代行会社は相性が良い

会社が自社製品やサービスを映像によってアピールする場合は、昔の時代ではテレビ番組やCMなどがメインでした。

しかし現代ではインターネットやその他の技術が進化し、以下のものを活用したプロモーションが可能となっています。

★動画サイト

★SNS

★街中や店頭にあるデジタルサイネージ

★ドローンによる空撮映像

★VRやARなどの最新技術

映像制作会社はテレビに頼る必要がなく、発達した技術を駆使してチャンスを掴める可能性を持っています。

しかしそれがすべてではなく、紹介や人脈を活用して案件を得ることもあります。

新しい取引先を増やして売上アップを図りたいという目標があっても、それを可能とする営業力がない会社もあるのです。

素晴らしい技術を活かして迫力ある映像を制作できる会社でも、依頼がなければ市場の競争では勝てないのです。

プロの会社が制作するような映像ですが、内容次第では時間も費用も大きくかかります。

既につながりのある他の会社からの依頼があれば、応じなければなりません。

つまり多忙を極める映像制作会社には、営業活動を行うだけの余裕がない場合もあるのです。

映像制作会社向けの営業代行会社は、そのような場合に強い味方となってくれます。

余裕のない会社に代わり営業活動を行い、新しい仕事とのパイプ役と言えます。

仕事の量が増えたり安定することで、会社の売上が大きくアップする可能性があります。

また今まで映像制作という分野と関わりがなかった他の会社にアピールすることで、利用してもらえるようになるかもしれません。

新しいコネクションを作り会社の存在を大きくするために、営業代行会社が役に立つこともあります。

新規開拓を成功させるために知っておきたい知識

他の会社が自社製品やサービスをアピールしたい場合、営業活動の一環としてプロモーションビデオが制作されることもあります。

アピールを必要とする会社や業界を探し、営業を仕掛ければ仕事につながるでしょう。

今までつながりがなかった会社と契約できれば、新規開拓が成功する場合もあります。

そのためにはターゲットの選定と、フォローの重要性に関する知識が必要です。

ターゲットは特定の会社や業界に絞る必要はなく、映像制作を求めているところを探す必要があります。

映像制作は他の業界と比較して、業者の切り替えのタイミングが様々だと言われています。

一度アプローチをした会社に対して長期的なフォローを行えば、新規開拓の可能性は広がりやすいのではないでしょうか。

営業代行で重要となるターゲットの選定

ターゲットとなり得る業界として、以下の3つが挙げられます。

★一般企業

★学校

★何かの店舗や施設

一般企業に対して営業を仕掛ける場合、説明のわかりやすさをアピールポイントとすると良いです。

製品やサービスには複雑なものもあり、言葉で説明するのが難しいものもあります。

映像制作により視覚的にわかりやすくすれば、効果的な広報活動の役に立つ場合もあります。

また学校ではパンフレットの代わりにホームページを立ち上げ、授業や部活動の様子をアピールできることもあります。

日ごろの様子を映像で視聴できるようにして、オープンキャンパスで学校の映像を流す場合もあるのです。

店舗や施設資格でも視覚的に消費者にアピールし、利用者の数を増やしたいという狙いがあるかもしれません。

このように需要があるため、営業代行はこれらのことを意識して利用すると良いです。

成功事例を見てみよう

映像制作会社が営業代行会社を利用して成功した事例ですが、ある小規模な会社がありました。

その会社はスタッフがわずか8人で、企業紹介用のVPやイベントの記録や販促用の映像制作を幅広く行っていました。

しかし経営者は映像制作に対するニーズが減り、受注価格の低下もあり強い危機感を覚えていたようです。

ターゲットに対してダイレクトメールを送るなどの簡単な営業活動を続けていても、なかなか結果が出なかったようです。

そこで映像制作に強い営業代行会社に依頼し、新規開拓を目指しました。

営業代行会社は映像制作に対するニーズの減少の対策として、広告代理店とエンドユーザーである一般企業に対するアピールを徹底しました。

ターゲットを洗い出し、映像制作の需要があるところに必要なサービスを提供するようにしたのです。

たとえば製品紹介の映像、新卒説明会で利用する映像、などの需要が見つかったのです。

営業の効率化により、受注が増えたのでした。

また別の会社でも、案件数の減少や受注価格の低下といった問題がありました。

その会社はクライアントや知人からの紹介で案件を獲得しており、新規の受注が厳しい状況でした。

依頼を受けた営業代行会社は、エンドユーザーに対するアプローチを強化するように提案しました。

この場合のエンドユーザーとは、展示会に出展している製造業や学校法人などです。

毎月一定数の商談を行い、外注を促したのです。

すると会社は新規開拓営業を中止することはなくなりました。

上記した2つの会社に共通するポイントですが、営業代行サービスを活用して新規開拓までの道のりを効率良くできたことです。

余裕のない会社だけでは、営業効率は悪くなりやすいのかもしれません。

映像制作会社向け営業代行会社でおすすめできる3社を紹介

これから初めて営業代行サービスを利用する場合、迷っていれば是非とも以下の3社を検討してみてください。

それぞれ映像制作の分野で実績があり、業界では高く評価されています。

株式会社アソウ・ヒューマニーセンター

株式会社アソウ・ヒューマニーセンターには、豊富な新規開拓成功実績があります。

営業代行業界の平均的なアポイント率は、約3パーセント台とするデータがあります。

それに対して株式会社アソウ・ヒューマニーセンターは、8.2パーセントを誇ります。

創業以来20万社を超える新規開拓に携わり、映像制作会社の救世主と言えるでしょう。

株式会社エグゼクティブ

株式会社エグゼクティブは映像制作会社向け営業代行会社の中でも、法人に対する営業を得意としています。

法人でも消費者や一般市民を対象として、アピール用の映像が欲しい場合があるかもしれません。

そのような法人と映像制作会社のパイプ役となるのが、株式会社エグゼクティブです。

独自開発された営業管理システムがあり、情報の共有や分析のスピードが強みです。

株式会社キャピタルワークス

株式会社キャピタルワークスは映像制作会社に代わり、訪問営業やダイレクトメールの発信などを行っています。

実績に関しても評判が良く、過去に売上アップ平均218パーセントを記録したことがあります。

ヒアリングの細かさにも定評があり、相談だけなら無料です。

映像制作でなかなか得意先が見つからない場合、得意先営業に特化したサービスの利用も可能です。

アポイントにつながらなかった顧客の情報も教えてもらえるため、将来に向けてコネクションが増えるかもしれません。

営業代行会社選びで失敗しないためには何が必要か

映像制作会社向け営業代行会社を選ぶ際、その会社がニーズをきちんと理解しているかチェックすることが重要です。

上記した通り昔の時代では映像による宣伝活動はテレビCMがメインでしたが、今の時代では状況が異なります。

会社が自ら映像を制作するか、それが無理な場合は映像制作サービスを利用して宣伝を行うでしょう。

動画サイトに公式チャンネルを開設し、情報を積極的に発信するところもあります。

そうしたニーズを踏まえた上で、営業代行を行える会社を探す必要があります。

映像制作にはこうしたニーズがあるのですが、営業力に問題がありチャンスを逃すところもあります。

そのため映像制作会社が営業代行会社へアウトソーシングする場合は、ジャンルの絞り込みとターゲティングが求められます。

映像制作会社の実態を理解してもらおう

映像制作会社の規模は決して大きくなく、1人から20人しかスタッフがいない場合もあります。

スタッフ1人あたりの負担が大きく、営業活動がほとんどできない例もあります。

専属の営業スタッフがいない場合もあり、制作業務から手が離せないこともあるようです。

こうした実態について、営業代行会社に理解してもらうことも重要です。

営業代行サービスでは営業の一部のみではなく、全部を任せることもできるでしょう。

予算の都合もあるため、相談時に幅広く対応してくれるところを探してみてください。

余裕のない企業にとって、大規模な営業活動をすべて任せることは難しいかもしれません。

しかしコツコツとした営業活動の積み重ねが、将来大きな成功につながる可能性もあります。

会社の実態に合わせて営業活動ができる優れた営業代行会社を根気強く探してください。

映像制作という分野は需要のある市場では強いですが、様々な事情によってなかなか上手くいかず失敗が続く場合もあります。

ピンチに陥っている映像制作会社にとって、理解力のある営業代行会社の存在はとても大きいのではないでしょうか。

売上アップができなかった会社の状況をチェックすると、ただ単に需要のある市場の存在に気付いていないという場合もあります。

記事の中で紹介した通り映像によるアピールを求める一般企業や学校などをターゲットに定めれば、仕事量が安定する可能性もあります。

実際に成功した事例もあるため、あきらめかけていた映像制作会社にも同じようにチャンスがあるかもしれません。

  1. Home
  2. ブログ
  3. 営業ノウハウ
  4. 映像制作会社向け営業代行会社比較と知っておきたい知識、事例