営業代行がPDCAサイクルを徹底活用すべき理由とは?事例を交えて解説

営業代行を成功させるためにはPDCAサイクルを徹底させるべきと言われており、代行業者にそれだけの力があることが重要です。

無計画な営業活動を続けていても結果が出ず、時間や費用を無駄にしてしまう可能性もあります。

営業代行に必要なPDCAサイクルとは何なのか、わからない人のために特徴などを紹介します。

PDCAサイクルとは何か

ビジネスシーンでお馴染みの4つの英単語の頭文字を組み合わせた言葉が、PDCAサイクルです。

4つの英単語は以下の通りです。

★計画を意味するPlan

★実行を意味するDo

★評価を意味するCheck

★改善を意味するAction

まず営業活動を行うためには計画、つまりPlanが必要です。

営業代行の目標を設定し、業務を進めるための計画を作成する段階となります。

ただ計画を立てるだけではなく、必要な情報を収集して解決策を考えるまでを含みます。

そしてそれを実行すること、Doへと移行します。

計画をすべていきなり実行する必要はなく、少しずつ試すことが重要です。

Doにはテストという意味もあり、最初から計画を完遂することは目的ではありません。

少しずつ実行して、試した方法が有効だったか記録することをおすすめします。

その記録が役に立つときが来るでしょう。

次に評価を意味するCheckですが、計画に沿った実行ができたかを見直す段階です。

PDCAサイクルにおいてはCheckの次にActionがあるため、ここで100点が出ることは基本的にないでしょう。

100点でなくても次のために必要な改善、Actionがあるため悪く考える必要はありません。

PDCAサイクルには終わりがない

計画のPlanから始まり改善のActionで終わるPDCAサイクルですが、その終わりは新しい始まりです。

Actionまで進むと再びPlanから始まり、再びDoとCheckに移行します。

このように何回も決まったサイクルを繰り返し、営業代行の効率化を図るのです。

PDCAサイクルとは終わりのない品質管理向けのプロセスであり、回数を重ねるごとに内容が良くなることが理想です。

PDCAサイクルを回すタイミングとは

タイミングは事業を行う企業、または営業代行を行う代行業者によって異なる場合もあります。

一般的な企業であれば、月次や四半期ごとといった決まった単位があります。

計画と進ちょくにズレがあると良くないため、洗い出し作業を行うのです。

進ちょくに遅れが生じている場合、それを改善しなければなりません。

PDCAサイクルを回す頻度については、年次が一般的とされています。

しかし営業活動の見直しを細かくする場合、年次の他に以下のタイミングで回すこともあります。

★半期ごと

★四半期

★月次ごと

このように短期間のPDCAサイクルも存在するのです。

何故回す必要があるのか

完璧な営業活動は難しく、プロの代行業者の営業代行にもどこか問題があるかもしれません。

非効率な部分があれば一定頻度で洗い出し、企業に良い結果が出るように改善することが求められます。

それにより企業の生産性が向上すれば、期待できる成果がより大きくなる可能性もあります。

また営業は物理的に何かを製造する業務ではなく、ある程度決まった流れがあるものです。

PDCAサイクルを回し習慣化することで、自分たちのどこが悪いかを考える機会が得られます。

営業代行で新規顧客を獲得できれば良いですが、反対に逃してしまうおそれもあります。

また既存顧客が離れてしまえば、企業にとってはマイナスです。

取り返しのつかない事態を予防するためには、ある程度強制的に振り返りの機会が必要なのかもしれません。

営業活動と続けていてなかなか成果が出ない場合、何かしらの理由があるはずです。

それを洗い出すためにもPDCAサイクルを回す必要があります。

理由がわかった後はシンプルで、そうならないように別の計画を立てれば良いです。

企業の売上アップのためにPDCAサイクルを徹底活用すべき

営業代行がPDCAサイクルを徹底活用すべき理由は、企業の売上をアップして貢献度を示すチャンスがあるためです。

あくまでも理論上の話ですが企業の営業における成績は、営業スタッフの成績の積み重ねとなります。

つまり企業全体の営業成績の向上には、個々人の営業成績をアップさせる必要があります。

そのために営業スタッフに対して毎期の行動計画を策定させ、それに沿って営業活動を実施させるように促すのです。

優秀なプロの営業スタッフであれば、わざわざ指示されなくてもPDCAサイクルを自然に実行できるでしょう。

代行業者は企業の営業スタッフの育成を担当する場合もあるため、成長による売上アップが期待できます。

PDCAサイクルを徹底した育成による成功事例

PDCAサイクルとは営業スタッフの自覚を促し、戦力として育成するためのものでもあります。

そもそも営業代行を利用する企業には、営業スタッフの数が不足しているという場合もあります。

自分たちでスタッフを育成する余裕がないところもあるのです。

営業活動をアウトソーシングすれば、余裕のない企業に代わり業者が頑張ってくれます。

しかし営業活動をただ代わってもらうだけでは、企業の営業スタッフは育ちません。

そこで育成にも強い代行業者が、スタッフに営業のスキルやノウハウを教えました。

代行業者は企業からほぼすべての営業を委託されていましたが、少しずつその企業の営業スタッフに流すようにしたのです。

最中的には企業と代行業者で半々に分けて、PDCAサイクルを徹底させました。

計画から始まりきちんと改善するように促し、その企業の営業力をアップさせたのです。

すると売上もアップした、という事例があります。

PDCAサイクルによってテレマーケティングの効率がアップした事例もある

営業は企業の製品やサービスをアピールし、売上につなげるための行為です。

それにはマーケティングも重要ですが、電話を利用して直接営業を仕掛けて販売することをテレマーケティングと言います。

代行業者にはこのテレマーケティングを得意とするところもあります。

ある代行業者の事例ですが、そこではPDCAサイクルを重視しています。

計画のPlanでは、電話をかけるターゲットを定めます。

そしてどのような商品やサービスを提案するか、入念に考えたのです。

実行のDoでは、営業戦略が本当に成功するかのテストが行われました。

ターゲットをわかりやすくするためにリスト化し、トークマニュアルも作成されました。

そこまでして初めて、少しずつ実行されたのです。

評価のCheckでは、電話をかけた結果を見ました。

ターゲットの反応は良かったか、などの記録も欠かせません。

改善のActionでは、次に向けての反省が行われました。

断られてしまった理由やターゲットの反応をまとめて、次の電話ではどのようにすべきかを営業スタッフが真剣に考えたのです。

そして再び計画のPlanに戻り、新しいPDCAサイクルが始まります。

テレマーケティングの度にPDCAサイクルを意識して、何度もチャレンジしたのです。

するとその代行業者のテレマーケティングの効率がアップし、企業の売上も比例してアップしたのです。

ターゲットに電話をかけるだけがテレマーケティングではありません。

それだと営業が成功するか失敗するか、ただの二択となります。

営業で紹介した製品やサービスにターゲットが興味を持たなければ、失敗の可能性の方が高いでしょう。

正しいテレマーケティングの効率化が、相乗効果を生み出す場合もあります。

PDCAサイクルに定評のある代行業者を紹介

上記の内容を踏まえておすすめする代行業者を紹介しますが、初めて利用する場合は以下の3社を検討してみてください。

この3社はいずれもPDCAサイクルを実践しており、業界内でも注目されています。

それぞれに特徴を理解した上で、比較して選ぶことをおすすめします。

株式会社カタセル

株式会社カタセルは、IT/Web、マーケティング、コンサルティング業界など、ソリューション型/無形商材の商談獲得に強みを持つ営業代行会社です。

約17,000社の大手・中堅企業データーベースを保有。ターゲット企業ごとにパーソラナイズしたセールスレターを作成し、キーマンとの商談獲得をご支援いたします。

【特徴】

✅専門のリサーチ部隊がターゲット企業のキーマンをバイネームで特定

✅ターゲット企業ごとに調査・分析しパーソナライズしたセールスレターを作成

✅大手・中堅企業のキーマンに会える

以下無料の資料で大手・中堅企業の新規案件の受注確度を最大化する「営業手法」についてご紹介しております。

資料を無料でもらう>>>

  • ・従来の営業手法の課題
  • ・新規アポ獲得の可能性を最大化する手法
  • ・具体的な実践ステップ

株式会社コムレイズ・インキュベート

株式会社コムレイズ・インキュベートはクライアントとなる企業の課題を理解、将来を見据えた提案をしてくれる代行業者です。

営業方針を決めた後に効果検証を綿密に行い、PDCAサイクルのスピードをアップさせます。

またBtoB営業に強いと言われています。

スピードが要求される場面では、株式会社コムレイズ・インキュベートが有利です。

株式会社コンフィデンス

株式会社コンフィデンスでは、PDCAサイクルのスピードを活かした営業部門の一括代行が可能です。

400社以上のサポート実績があり、営業戦略の立案までしてもらえるのです。

任せたい営業の量が多い場合、検討してみてください。

PDCAサイクルは育成にも関わるものですが、まずはすべて任せてから考えても良いかもしれません。

株式会社トレバー

株式会社トレバーですが、コストパフォーマンスに定評があります。

コストを削減して営業方針を見直したい場合、株式会社トレバーが向いています。

営業代行にかかるコストが企業の負担となるため、コストパフォーマンスが優れたところを選ぶことも重要です。

料金の支払いのために用意できる費用に余裕がない企業は、是非とも株式会社トレバーに相談してください。

営業代行におけるPDCAサイクルとは何か、説明は参考になりましたでしょうか。

Planに始まりActionで終わる流れですが、流れそのものは営業活動が続く限り終わりません。

より良い流れを作り企業の売上アップを実現させるためには、積極性とスピードが要求されます。

利用して問題のなさそうな代行業者を探し、PDCAサイクルが重視されていることを必ずチェックするのです。

4つの英単語が何を意味するか、営業代行においてどのように影響するかも考えておきましょう。

営業代行として働く人はPDCAサイクルとは何かを日ごろから考え、企業のために活かすことを重視してください。

  1. Home
  2. ブログ
  3. 営業ノウハウ
  4. 営業代行がPDCAサイクルを徹底活用すべき理由とは?事例を交えて解説