大阪の実力ある営業代行会社徹底比較と選び方や注意点【2019年最新】

大阪でさらに経営利益をアップさせたいときに役立つのが営業代行会社です。東京とは違って大阪の営業代行会社には、どのような特徴があるのでしょうか。

実際に依頼するとしたらどの営業代行会社が実力があるのか調査してみました。上手に営業代行会社を選ぶ方法や、失敗しないために知っておくべき注意点についても紹介していきます。

大阪の営業代行会社にはどんな特徴があるのか?

大阪の営業代行会社の特徴について説明していきます。東京の営業代行会社と比較すると大阪の業者にはどんな特徴があるのでしょうか。まずは大阪のビジネスの現状について考えてみます。

大阪の商業地域の特徴

関西空港に国際線が就航しているため、大阪は東京と並ぶほどの国際都市として発展しています。年々観光客が増えたり外資系の参入が増加したりしていますよ。外から新しい風が入ってくる反面、昔から営業しているお店や会社が多いのが特徴です。

大阪人は地元への愛着が強く、長年の取引先を大切にする傾向があります。同じ業種や取引先との関係で排他的な一面を見せることもあるのです。人脈が重宝され、うまくコネクションを活用していくと大きなビジネスの機会が開かれます。

ビジネスライクに商談を進めていく東京に比べて、より人間的な側面が強いのが大阪です。

大阪の営業代行会社の特徴をチェック

人脈がものをいう大阪では、コネクションを生かした営業活動が効果的です。大阪の営業代行会社はこの商業地域の特長を生かして営業活動を行っています。そのため、東京で実績を上げた営業代行会社が必ずしも大阪で成功するとは限らないのです。

東京の営業代行会社は比較的プロセスや効率的な営業を好みます。しかし、大阪の営業代行会社は、人と人の付き合いや関係を重視します。ある程度の時間をかけて信頼関係を構築し、それからビジネスの話を進めていく流れを大切にするのです。

大阪で実績を出している営業代行会社は、人間関係を築くのが上手なスタッフを多く抱えています。営業のトークスクリプトなどには依存しない柔軟性のある活動を得意としていますよ。各営業担当者はコミュニケーション能力が高いと言われています。大阪の営業代行会社のテレアポが全国でも優秀だと評判なのは、このあたりの話術も関係しているのかもしれませんね。

大阪の実力ある営業代行会社をピックアップ!

これから大阪の実力が認められている営業代行会社をピックアップして紹介していきます。各業者を比較して気に入ったところに相談してみてください。

株式会社アクトプロ

最初に取り上げるのは株式会社アクトプロです。2004年から営業代行を関西で行っています。安定した経営をしており地元でも信頼されている業者です。

飛び込み営業などの顧客訪問による活動を得意としています。

株式会社コミットメントホールディングス

続いて紹介するのが株式会社コミットメントホールディングスです。この会社が得意としている営業活動は二つです。

★テレアポ

★顧客訪問

テレアポと顧客訪問で効果的な営業代行を行っていきます。依頼主の商品やサービスを売ったり契約したりした時にだけ、報酬が発生する成果報酬制度を得意としています。それだけ自分たちの営業スキルと成果に自信があることの表れです。

大阪に密着した営業を10年以上続けることで、関西で通用する営業代行スキルを確立しました。

株式会社プログレス

株式会社プログレスは兵庫県に拠点を構えていますが、大阪での営業にも実績があります。実際の営業代行に加えて、営業の戦略を立てる際のサポートや営業組織を作る手助けなどもしてくれます。

依頼主が売りたい商品やサービスに合わせた営業戦略を、一緒に考えてくれるのは頼もしいですね。

関西ビジネスインフォメーション株式会社

関西ビジネスインフォメーション株式会社は、その名の通り大阪市に本社があります。東京にも拠点を持っているため、最新の全国の情報に基づいた営業を行っていけます。

大阪以外にも近畿に16もの拠点を持っているので、広範囲の営業活動を得意とします。大規模な営業活動を依頼したい会社向けです。

ミネルヴァ経営株式会社

女性の目線で営業代行サービスを提供してくれるのが、ミネルヴァ経営株式会社です。この会社の代表が女性なので、女性ならではの決めの細かなサービスを行ってくれます。

新たに女性の顧客層を開拓したいときにはオススメの会社です。

株式会社グローバルステージ

株式会社グローバルステージの本社は東京にありますが、大阪にも拠点があります。全国区で営業しているノウハウと実績を活かして広い視野で営業活動を行います。日本全国で培った人脈を活用した新規販路開拓営業が得意です。

新しい事業を興すときに営業だけではなく、事業の開発サポートなどもしてくれます。

株式会社キャピタルワークス

株式会社キャピタルワークスは訪問営業以外にも、複数の営業方式に対応しています。どのような営業方式でしょうか。

★得意先営業

★営業サポート

★士業顧問先開拓営業

★ダイレクトメール営業

依頼主の課題を解決するために最適な営業方式を、選んだり組み合わせたりしてサポートしてくれます。ターゲットエリアの見極めが正確で高い実績を出すと評判の会社です。

大阪の営業代行会社を選ぶ方法を紹介

いざ大阪の営業代行会社を選ぶときに、どうしたら良いのか分からなくなるかもしれません。上手に業者を選んでいくために、知っておきたい情報とはなんでしょうか。

★料金相場

★業務内容

大阪で営業代行会社へ依頼する料金の相場はどれくらいでしょうか。契約内容によって変わってきますが、一般的に固定報酬だと1日あたり2万円から3万円です。

成果報酬なら、一つの商談に月1万円から2万円となります。注意したいのは商談ごとに発生する成果報酬は商談の結果とは関係がないということです。商談がうまくいって商品が売れても、商談が破談して売れなくても成果報酬が発生します。

それが嫌なときには契約ごとの成果報酬にしてください。しかし、その場合は契約一つあたりの報酬が高額になります。

営業代行会社が行う業務内容にも精通しておきましょう。主な業務内容は電話による営業や商談を獲得するための訪問営業です。それから商談をして、成約をとるクローズがあります。

依頼するときに最初の電話営業だけを頼むのか、クローズまでお願いするのかを考えておきましょう。どの業務を委託するかが分かると業者を選びやすくなります。

営業代行会社とコミュニケーションをとろう

営業代行会社を選ぶときにきちんとコミュニケーションをとってください。大阪は独特な商業地域なので成果が出るまでに時間がかかることがあります。お互いに疑心暗鬼にならないためにも、まめにコミュニケーションをとるのは大切です。

最初の打ち合わせのときに営業代行会社の担当者が、これからもコミュニケーションをとりやすい人かどうかを業者選びの判断基準としてくださいね。

大阪の営業代行会社を選ぶときの注意点とは?

続いて大阪の営業代行会社を選ぶときの注意点について紹介します。まず覚えておきたいのは、いくつかの営業代行会社から見積もりをとることです。一つの会社からだけ見積もりをとると、相場よりも高い価格で契約してしまうことがあります。

しかし、複数の業者から見積もりをとるなら相場が分かりますし、適正価格がいくらかを見極められます。それぞれの業者の得意分野も比較することが出来ますよ。

複数の業者って何社くらい?

どれくらいの数の会社から見積もりをとったら良いのでしょうか。最低3社からは話を聞くようにしてください。たくさんの会社から話を聞くと、打ち合わせに時間がとられますし疲れてしまいます。

逆に2社くらいだと選択の幅が狭くなって良い判断が出来ません。

3社から話を聞くなら大体の料金相場が分かったり、各社の得意分野の違いなども把握できたりします。

これくらいの数の会社との打ち合わせだと、そこまで多くの時間が必要ではないので業務にも支障が出ないでしょう。

雑談を活用する

各社との打ち合わせのときの雑談を大切にしてください。ただ単に見積書だけについて話さないように気をつけなければなりません。なぜなら雑談をすることで、他の業者の評判や営業先の情報を得られるからです。

打ち合わせの際の会話の中から評価の悪い営業代行会社の情報を得たり、最近成果を出している業者の情報を知ったり出来ます。うまく情報を聞き出すには、もし自分が大阪で営業代行会社へ依頼するとしたらどこにするかなどを尋ねてみてください。

即決しない

3社から話を聞き、最後の一社へ決めるときには即決しないでください。各社から受け取った見積書と、自社の課題解決のためのプロセスなどを比べて社内で検討しましょう。

自分だけで判断するのではなく、社内のほかの人の意見を聞くのがオススメです。第三者の考えを聞くことによって、自分では思っても見なかった視点から各社を見ることが出来るかもしれません。結果的にベストな結論を出せます。

もちろん即断即決も大切ですが、時間をかけて考えることでベストな業者を選ぶことが出来ますよ。

まとめ

大阪の実力ある営業代行会社はいくつもあります。各営業代行会社によってテレアポが得意だったり顧客訪問が得意だったりします。大阪に特化した会社や、全国区で活動している会社があります。

大阪は人脈が営業に必要なエリアです。関西で実績を残してきている会社を選ぶと失敗しませんよ。料金相場や依頼する業務内容も、前もって吟味しましょう。

どの会社へ依頼するかを決める前に複数の業者から話を聞いてください。最低3社から話を聞くことをオススメします。それぞれの担当者と雑談をして、他社の情報などを聞き出すように意識すると良いですよ。最終的な結論を出すときには即決せずに、いったん他の人などの意見も取り入れながら考えてくださいね。

大型商談を成約に導く一風変わったアプローチ方法とは?
大型商談を成約に導く一風変わったアプローチ方法とは?

関連記事related posts

ブログ記事一覧へ
  1. Home
  2. ブログ
  3. 営業ノウハウ
  4. 大阪の実力ある営業代行会社徹底比較と選び方や注意点【2019年最新】

送信することでプライバシーポリシーに同意したものとします。

資料ダウンロード