ベンチャー企業向け営業代行サービスオススメ比較|注意点や選び方など【最新情報更新】

市場の動向やニーズは世界的に複雑化していることもあって、スピード感を持たない企業経営では成果をなかなか得ることができません。短期間での急速な成長を目指すベンチャー企業にとっても、こうした企業経営のスピード感は重要な要因になっています。

とはいえ、営業ノウハウを備えないのなら、スピーディーなソリューション営業と足で稼ぐ営業スタイルの両立は決して簡単ではありません。ベンチャー企業が弱点を営業代行サービスで補う場合には、どのような業者が適しているのか、選び方や注意点などを確かめてみましょう。

営業代行とは

営業代行会社が扱っている営業代行は、企業の営業活動に関する一連の業務を営業代行会社が代行するサービスです。

企業の営業方法には、会社や業種に応じて多種多様な営業スタイルがありますし、企業が抱える悩みも多岐にわたります。営業代行会社では、営業活動全般のPDCAを回す営業ソリューションのほか、訪問営業や電話営業などの営業アウトソーシングも請け負っています。フィールドセールスとインサイドセールスの両方に対応しているため、営業代行会社と営業活動の業務委託契約を結ぶ企業は少なくありません。

もちろんテレアポ代行に特化した営業代行会社や、海外への新規販路開拓に特化した営業代行会社なども存在しています。

営業代行サービスを活用するのであれば、自社の弱点を補ってくれる営業代行会社を探し出せるかどうかが重要なポイントになるでしょう。

営業代行は営業派遣と全く異なる

営業代行は営業代行会社のサービスに当てはまる一方で、営業派遣は派遣会社からの人材派遣サービスに該当します。営業代行と営業派遣の違いはこれだけではなく、ディレクションや社員の営業マインドも全く異なるので注意しなければいけません。

まず、営業代行の社員におけるディレクションは営業代行会社に属しますが、派遣社員へのディレクションは依頼元の企業にあります。派遣社員に指示すれば出社して業務を遂行するものの、営業代行会社が指示を行う営業代行の社員は依頼元の企業に出社するとは限りません。

また、営業代行会社の営業ノウハウを用いる営業代行の社員は、チーム形成をして能動的に業務を遂行していく特徴が見られます。依頼元の企業が心配しなくても業務は常に修正され、定期的なミーティングやレポートの提出などで依頼元の企業へ報告が行われます。

営業代行は業務委託契約なので依頼元の営業ノウハウは重視されませんが、営業派遣では依頼元の営業ノウハウによって成果が変わります。自社に徹底したい営業スタイルが特に無い場合には、営業派遣よりも営業代行のほうが適したサービスといえるでしょう。

営業代行を用いるメリットとデメリット

ベンチャー企業などが営業代行会社の営業代行サービスを導入すれば、以下のメリットを得られます。

★営業職の採用コストや労務管理コストを削減できる

★営業活動の実践に必要となる時間を節約してほかの業務に専念できる

★自社に営業ノウハウが無くても様々な営業アプローチを実現できる

★営業のプロや大量の営業力を活用できる

★営業代行会社によってはコンサルティングや社員育成も請け負っている

企業が営業代行を用いると、自社で営業職のスタッフを確保するよりもコスト削減を狙えますし、スピーディーに営業活動を始められます。

営業代行会社が引き受けている営業アプローチは多彩なため、自社の営業ノウハウにかかわらず、最適な営業活動も提案してもらえます。

営業代行では豊富なメリットを得られますが、以下のようなデメリットも発生するので注意が必要です。

★営業代行会社が備える営業力に応じて成果が変動する

★営業代行会社の情報管理体制に不備があると情報流出につながりかねない

営業代行会社に営業活動を業務委託する営業代行においては、どうしても営業代行会社の営業力に依存する状況を避けられません。実力がある営業代行会社なら心配ありませんが、営業力が不足する営業代行会社を頼ってしまうと成果の期待が難しくなります。

営業代行会社の情報管理体制が万全で無いときには、情報流出が起きかねず、こうなれば依頼元の企業も責任を問われたりします。

営業代行サービスの選び方や注意点

営業代行サービスを選ぶ際には、前もって自社の営業課題を整理しておく手順が欠かせません。営業課題を整理して解決すべき内容を把握したら、以下の選び方や注意点を踏まえつつ営業代行会社選びを進めましょう。

★自社の営業課題と営業代行会社の強みが一致している

★自社の顧客獲得単価と比較して見合った代行コストになっている

★営業代行会社の所在地が自社の近くで連携しやすい環境が整っている

★料金体系やこれまでの実績が明確に示されている

★コンプライアンス管理が徹底している

★報告レポートなどでプロセスの開示に応じている

★最適化を目指した業務遂行の改善に対応している

料金体系や実績のほか、コンプライアンス管理などを見極めて、信頼性の高い営業代行会社を探し出すことが大切です。交渉時に値引きを繰り返しアピールする営業代行会社ではなく、自社が求める成果を見込める営業代行会社を選ばなくてはいけません。

オススメのベンチャー企業向け営業代行会社

革新的な技術などに基づき、冒険的な製品や事業を創出するベンチャー企業は、新規にビジネスを展開する企業として認知されています。こうしたベンチャー企業が営業代行サービスを導入するのであれば、どのような営業代行会社が適しているのでしょうか?オススメのベンチャー企業向け営業代行会社をまとめてみました。

ワールドウィング株式会社

1991年に設立したワールドウィング株式会社は、中小企業やベンチャー企業の支援に特化した東京都新宿区の営業代行会社です。ワールドウィング株式会社のサービスラインナップは以下の通りになっています。

★新規電話営業やプロモーション営業

★新規電話やプロモーションを織り交ぜたバランス型総合営業

★新規電話強化営業やPR・SP代行

★お試し営業や完全成果報酬営業

企業の置かれている状況に応じて、望ましい営業手法の組み合わせや実行するタイミングなどは変化します。ワールドウィング株式会社なら、依頼前の問い合わせにて無料で最適な営業手法の組み合わせを提案してもらえます。

営業機能を備えていないベンチャー企業や、自社の営業課題が分からない企業には、ワールドウィング株式会社の活用をおすすめできるでしょう。

株式会社グローバルステージ

2003年に設立した株式会社グローバルステージは、新規事業のバックアップを得意分野とする東京都品川区の営業代行会社です。株式会社グローバルステージの関連会社には、以下の営業代行会社などが揃っています。

★株式会社エージェント

★株式会社完全成果報酬

★株式会社ESTATE

★株式会社GENETED

★株式会社独立

★株式会社Shake Hands

株式会社グローバルステージには、知名度が高い営業代行会社と日本最大級の営業代行会社グループを形成している特徴があります。

主力企業の株式会社グローバルステージでは、営業代行を含む事業開発支援サービスだけでなく、人材採用支援サービスも提供されています。

営業代行業界でも有数の実績を誇るため、株式会社グローバルステージはベンチャー企業向きの営業代行会社に数えられるでしょう。

株式会社アイランド・ブレイン

2004年に設立した株式会社アイランド・ブレインは、55業種2,000社以上の導入実績がある名古屋市中区の営業代行会社です。株式会社アイランド・ブレインの営業代行サービスは、アイランド・ブレイン式営業代行と称され、以下の特徴を兼ね備えています。

★月額固定費用が一切かからない成果報酬型の料金体系になっている

★独自の教育を受けた新規開拓営業のプロが依頼元の販路拡大をサポートしている

★事前に定めた条件を満たしたアポイントのみを提供している

新規開拓営業の初期アプローチを成果報酬型の料金体系で代行してもらえますから、総じてベンチャー企業向けの営業代行になります。

さらに業務を遂行するのは株式会社アイランド・ブレインの正社員なので、質が高い業務遂行も同社の主要な特長といえるかもしれません。

株式会社レイゼクス

2013年に設立した株式会社レイゼクスは、ITやクリエイティブ関連企業の営業代行を得意分野とする東京都港区の営業代行会社です。サービスや技術といった無形商材の営業代行に株式会社レイゼクスは長けていて、新規顧客開拓の代行も強みにしています。

同社の代表的なサービスに該当する0っと・総合営業支援では、アルバイト並のコストで広範囲の営業支援を受けられます。

これまでの取引実績は400社以上ですが、取引実績の8割が20名以下の企業になっているのも株式会社レイゼクスの特徴です。株式会社レイゼクスは営業職がいないベンチャー企業などに特化した実績を誇りますので、自社が当てはまる場合には活用を検討してみましょう。

株式会社ambient

2011年に設立した株式会社ambientは、営業代行と営業アウトソーシングを請け負っている東京都新宿区の営業代行会社です。専任女性スタッフによる高精度のテレアポ代行が特長であり、株式会社ambientではベンチャー企業の特殊な商材も取り扱っています。事前にコンサルタントがヒアリングを実践してトークマニュアルを作成するため、同社はこれまでに幅広いアポ獲得実績を誇ります。

また、大手企業や社長への営業アウトソーシングを得意としているのも、株式会社ambientならではの強みかもしれません。

大手企業への営業を業務委託したいのであれば、株式会社ambientの営業代行や営業アウトソーシングが大いに役立ちます。

革新的な技術やアイデアで製品や事業を創出するベンチャー企業では、ビジネスを展開するスピード感が欠かせない要因になっています。

ベンチャー企業が自社で営業力を備えていない場合には、営業活動をスピーディーに実践できる営業代行サービスの活用が推奨されます。

ベンチャー企業に適した営業代行会社は多数ありますが、ワールドウィング株式会社や株式会社レイゼクスは小規模のベンチャー企業にオススメです。営業代行の実績を踏まえるのなら、株式会社グローバルステージや株式会社アイランド・ブレインのほか、株式会社ambientが向いているでしょう。

  1. Home
  2. ブログ
  3. 営業ノウハウ
  4. ベンチャー企業向け営業代行サービスオススメ比較|注意点や選び方など【最新情報更新】