営業代行人材を採用する方法 エージェントや個人フリーランス活用など

人材が不足している企業が営業活動を行う場合、外部から必要な人材を集めるか代行を依頼するなどの手段があります。

営業代行サービスの利用を検討する時点でアウトソーシングする方法の他に、個人フリーランスを活用する方法に気付くかもしれません。

プロのエージェントやフリーランスの採用に必要な情報を取り上げますので、事前に参考にしてみてください。

エージェントに依頼して営業代行人材を採用する方法

企業の代わりに必要な営業活動を行う代行業者を、エージェントと言う場合もあります。

必要な人材を採用するといっても、企業が直接雇用するわけではありません。

営業活動をアウトソーシングし、エージェントは一部もしくは全部を代行するのです。

極端なことを言えば、企業は自分たちで営業活動を行う必要はありません。

外部に発注した後は営業活動そのものはエージェント側が行うため、営業以外の自分たちの仕事に専念できます。

営業活動の一部のみを発注した場合、残りは企業の営業スタッフが行うことになります。

エージェントの場合、決められた契約期間があります。

契約期間が終了すると再び契約しない限り、自社の営業スタッフで何とかするしかありません。

直接雇用により人材を採用したい場合、派遣を利用すると良いでしょう。

派遣型のエージェントも存在する

一般的な営業代行のエージェントの場合、企業の職場に人材が派遣されることはありません。

エージェント側が営業活動を行い、その結果や関連するデータなどを受けることはできます。

派遣型のエージェントを利用すると、企業の職場に人材が派遣されます。

その人が企業に元々いる営業スタッフたちと一緒となり、必要な営業活動を行うのです。

エージェントから派遣された人が正社員だった場合、既に正規雇用されているため正式な採用はできません。

しかし派遣やアルバイトの場合企業の方から正規雇用として迎え入れたいと声をかければ、採用できる場合もあります。

営業に強い個人フリーランスを採用する方法

そもそも企業の営業活動の目的は、自社製品やサービスをアピールして売上につなげることにあります。

営業代行にも様々な事情がありますが、クライアント先となる企業の売上に貢献することを意識するのではないでしょうか。

しかし現代では働き方が多様化しており、企業に正規雇用として属するだけがすべてではありません。

自社スタッフ以外を外部から集め、営業力を上げようとする企業もあります。

つまり個人フリーランスを採用し、戦力として迎え入れようとする動きがあるのです。

営業力自信があり実績を残している個人フリーランスには、企業から声がかかるチャンスがあるかもしれません。

個人フリーランスと個人事業主を間違えないようにしよう

企業に所属して働いている人にとって、フリーランスで働くというイメージは難しいかもしれません。

フリーランスとは特定の企業や組織に所属せず、営業の仕事ごとに契約を結ぶ働き方です。

営業に関する専門知識やスキルがあれば、どこかに所属する必要はないのかもしれません。

一方で個人事業主とは法人を設立せず、個人で事業を営む人を言います。

個人事業主はあくまでも税務上の区分であり、フリーランスは契約のあり方や働き方を意味します。

働き方改革の影響により副業を始める人が目立つようになったことで、フリーランスの道を選ぶ人が増えたのかもしれません。

営業代行人材を採用したいのならマッチング募集サイトを活用しよう

マッチング募集サイトは営業代行を行っている個人フリーランスと、営業代行を希望する企業を結ぶためのサービスのことです。

企業は欲しい人材を採用することができ、個人フリーランスは仕事を得られます。

エージェントではなく個人フリーランスに注目する場合、こうしたサービスがあることを覚えておくと良いです。

マッチング募集サイトを求人サイトと勘違いする人もいますが、サービスの実態が異なります。

一般的な求人サイトを利用する場合、企業が営業職を募集します。

それを見た求職者がサイトから申し込み、面接を受けて採用後に仕事が始まります。

しかしマッチング募集サイトには、以下のような特徴があります。

★企業よりも個人フリーランス寄りのサービスが基本となる

★個人フリーランスたちに合った企業や商材の紹介がある

★希望する働き方が実現する可能性がある

★営業代行業者とクライアントの一括見積りサイトなどもある

どちらかというと個人フリーランスのためにあるものですが、優秀な人材とつながるチャンスがあることは企業にとってもメリットです。

即戦力となる優れた人材と出会えるかもしれないため、マッチング募集サイトに情報を積極的に出すと良いでしょう。

働き方に決まった正解がないと考える個人フリーランスで仕事に恵まれない人がいれば、積極的に企業情報を探すと良いでしょう。

おすすめのエージェントを3社紹介

エージェントを利用して人材を確保したい場合、以下の3社を検討すると良いでしょう。

それぞれの特徴を紹介しますので、比較の上検討してみてください。

SANGO株式会社

SANGO株式会社は戦略と営業力、そして実行スピードの3つを武器とした営業代行に定評のあるエージェントです。

特にケーブルテレビサービスを得意としており、各局とのつながりも強いです。

本社は東京にありますが、全国展開を目指しているようです。

将来的には地方の営業代行においても、実績を上げるエージェントとなるかもしれません。

株式会社エージェント

株式会社エージェントの特徴は、テレマーケティングの強さにあります。

営業代行をスムーズに進めるためには、事前のマーケティングが重要です。

この会社では営業スタッフに他指定、最低でも300時間以上の訓練を義務付けているのです。

質の高い営業代行が期待できるでしょう。

株式会社サンクチュアリ・パブリッシング

株式会社サンクチュアリ・パブリッシングは、営業代行に販促と流通がセットとなったエージェントです。

出版社でもあり他の出版社とのつながりが強く、流通代行にも対応しています。

書店への営業代行や販売促進の確保を希望する場合、売上アップのサポートをしてもらえるでしょう。

独自の流通ルートを持たない企業にとって、強い味方となってくれるかもしれません。

エージェントを選ぶ場合は社長の情報をチェックしよう

営業系の個人フリーランスとして働く人が経験を活かし、営業代行で起業する例もあります。

企業で働くことがすべてではなく副業が解禁された世の中で、今後こうした起業の例は増えるかもしれません。

営業代行は営業サービスの実施が商品となり、製品やサービスを開発することは基本的にないです。

そのため初期投資を抑えやすく在庫リスクの危険性も低いため、起業しやすい事業と言えます。

代行業者の数が多いと、どこに相談すべきか迷ってしまう場合もあります。

実績が豊富で業界からの評価が高いところもあれば、いい加減なところもあります。

そのため依頼する前に社長の経歴をチェックし、個人フリーランスから起業したか見てみるのです。

もし個人フリーランス出身だった場合、実績に関する情報を探してみてください。

またその社長が個別に情報発信をしていた場合、同じようにチェックするのです。

情報発信のツールとして、以下のようなものがあります。

★SNS

★ブログ

★メールマガジン

★動画サイト

★記事投稿サイト

こうした情報の中に、社長の過去の実績が隠れている場合もあります。

実績のないところからいきなり起業することは、社長にとってもリスキーな行為です。

自分の経験や得意分野を活かすことができず、失敗してしまう場合もあるためです。

営業代行の依頼をするのに十分な信頼性があるかどうか、慌てずに考えてみてください。

個人フリーランスの人も企業の情報をチェックしよう

営業代行の人材として採用される可能性が個人フリーランスにはありますが、その企業について詳しくチェックすべきです。

仕事があるのは良いことだとしても、ブラック企業などの現実的な問題を考えた方が良いです。

以下のような問題があると仕事のモチベーションに影響するおそれもあるため、契約に対して冷静になることも重要です。

★任される営業活動の量が多すぎる

★営業活動以外の関係ない雑務を押し付けられる

★企業の既存スタッフとの人間関係

★契約内容を守ろうとしない

★そもそもその企業に必要最低限の営業力がない

個人フリーランスの場合は契約内容にもよりますが、その企業で長期的に働くとは限りません。

契約期間が切れたら、また別の企業と契約するという場合もあります。

営業パフォーマンスをアピールして直接雇用を狙う場合、環境の良い企業を探した方が良いでしょう。

マッチング募集サイトや企業の公式ホームページだけではなく、個別に検索をかけて情報を集めることをおすすめします。

口コミ上の情報があれば、事前にチェックしておいてください。

悪評が多く離職率が高いなどの問題が見つかったら、他の企業を探して別のチャンスにかけるのです。

こうした契約前の地道な苦労は、ブラック企業で働く苦労と比較すれば小さいのではないでしょうか。

頑張った個人フリーランスには、その頑張りに見合った良い企業が待っているかもしれません。

エージェントや個人フリーランスの存在に注目しそれらを上手く活用すれば、営業代行で必要となる人材の採用が楽となるかもしれません。

場合によっては企業にもエージェントにも、個人フリーランスにもメリットがあります。

直接雇用して人材を採用する予定がなくても、優れたエージェントにアウトソーシングすることで売上アップが期待できるでしょう。

派遣型エージェントの人材を採用し、企業の営業力をアップさせるという方法もあります。

また個人フリーランスとつながるきっかけとなるサービスもあるため、積極的に利用してください。

いずれにしても情報が武器となるため、こまめな情報収集を日ごろから続けてください。

  1. Home
  2. ブログ
  3. 営業ノウハウ
  4. 営業代行人材を採用する方法 エージェントや個人フリーランス活用など