業種特化型の営業外注サービスをご紹介|特徴や選び方まとめ【2019年最新】

営業代行とは本来企業が行うべき営業活動を、代わりに行ってくれるサービスのことです。特に最近では人手不足となっている企業も多いため、営業部門を外注するというケースも目立っています。
ただ営業代行の外注といっても、様々なサービスがあります。中でも注目したいのが業種特化したものでしょう。

営業代行の外注における業種特化とは?

営業代行の外注では様々なサービスが提供されています。他の企業に対して成約までのすべてを担ってくれるものから、アポイントを取るだけ、テレアポをするだけなどです。このように自社が望むサービスの提供を受けられるのが、営業代行を外注する魅力でしょう。当然任せる仕事の範囲を絞れば、それだけコストの節約にもつながります。
こうした営業代行の外注は数年前から注目を集めているのですが、特に話題になっているのが業種特化です。業種特化とはその名の通りに、ある業界に特化した営業代行の外注のことになります。様々な業種とのつながりがある外注先もあれば、一部の業種に特化している外注先もあるのです。そのため営業代行といっても、業種が決まっているのなら特化型を選ぶのが良いかもしれません。

営業代行の外注をするなら自社に合わせて選ぶ

営業代行の外注を行う時に、どの会社を選ぶのかが重要です。そこで選び方について考えてみましょう。

★コストはどの程度かかるのか
★営業戦略はきちんとしているのか
★自社のニーズにあっているのか

主にこの3つの点を考慮して選ぶといいでしょう。ではそれぞれの具体性を確認していきます。

営業代行の外注ならコストの確認は必須

営業代行を外注する時に気になるのがコストです。良いサービスであっても、コストがかかりすぎてしまっては意味がありません。そこで最初に確認をしておきたいのが、営業代行を外注した時の料金体系です。

★成果報酬型
★定額報酬型

大きく分けるとこの2つのタイプがあります。
成果報酬型とは成約やアポイントの獲得など、担っている仕事を達成した時にのみ予め決めておいた料金を支払う形です。さほど成果がない時にはコストが安くつく反面で、多大な成果がでた時にはコストが大きくなってしまいます。
定額報酬型とは成果の如何に関わらず、月ごとに定められた報酬を支払うという形です。成果報酬型と比較すると一定の報酬が毎月発生するため、コストがかかっているというケースがあるかもしれません。一方で成果報酬型の時のように、コストが一気に膨らむというケースもないのが特徴です。
どちらが良いのかは、その企業ごとに違ってきます。営業代行の外注を行う会社にもよるのですが、費用の相場としては成果報酬型が1案件につき売上金の3割程度です。定額報酬型であれば営業マン1人につきに、だいたい50万円前後が相場となっています。

営業代行の外注先は戦略を練っているのか

営業代行の外注を依頼するのにあたって、きちんと仕事をしてくれるのかどうかが重要です。そこを見極めるためにも、きちんと話し合いの場をもってそこで様々なことを確認してください。
特に重要なのが営業戦略をきちんと練っているかです。この営業戦略次第で、出せる成果が大きく違ってきます。そのため自社としてどのような売り方をしたいのか、などの情報もどんどん開示していきましょう。いわば営業代行の外注とは下請けではなく、ビジネスパートナーになるべき存在だからです。そのため営業戦略を吟味することが大事だと言えます。ここで複数の提案、選択肢を用意してくるような企業は優秀な外注先でしょう。

自社のニーズに合わせて営業代行の外注先を決める

何度もお伝えしていますが、営業代行の外注には様々なサービスがあります。そのため自社のニーズをしっかりと把握して、それに適切なサービスを提供する外注先を選ばなくては意味がありません。そのため営業は外注で代行しようと安易に考えてしまうのではなく、どんなニーズがあるのかを把握しておきましょう。そして自社のニーズを伝えて、しっかりと応えてくれる外注先を選ぶことが重要になります。

業種特化の営業外注先にはどんなところがある?

では業種特化の営業外注先を確認していきましょう。様々な業種に特化した外注先がありますので、自社の提供するサービスや製品に合わせて選んでください。ただ話を聞いてみて合わないと思うのなら、業種特化ではなく総合サービス型を選ぶのも良いでしょう。自分自身で選択肢を狭めてしまう必要はありません。飽くまでも選択肢の第1候補ということで考えておくと、気楽に選ぶことができるはずです。

IT業界特化の営業代行外注先ならEBA株式会社

近年では新規参入の事業者が右肩上がりなのがIT業界です。このIT業界に特化した営業代行の外注先がEBA株式会社になります。ウェブサイトや、ランディングページの作成はもちろんのこと、他にも様々なサービスを提供しているのが特徴です。
システム制作やアプリ販売、SEO対策にECサイトの運営代理などなどIT業界では必須のサービスが揃っています。インターネットによって認知度を向上させる手法に強いだけではなく、顧客の獲得や営業戦略の構築などもサポートしてくれるでしょう。

★IT業界に特化している営業外注先である
★日本全国に対応している
★WEBでの認知向上以外にも様々なサービスを提供している

EBA株式会社の特徴をまとめてみました。

家電量販店特化のビーモーション

家電量販店への営業活動において、特に強みを持っているのがビーモーションという会社です。家電量販店への特化という強みがありますが、小売店への営業代行を専門としていると理解していいでしょう。
その中でも外注先として魅力的なのが、各家電量販店への営業活動に強みがある点です。またウェブサイトをベースとした営業支援のためのツールや、販売代行サービスなども行っています。その他としては店頭でのポップであったり、展示台やノベルティグッズの販促ツールも提供しているのが特徴でしょう。家電もしくは何かしらの商品を小売店へ売り込みをかけたいというのであれば、外注先として魅力的です。
ちなみに日本全国に支店や営業所を持っているため、地方在住の企業にもおすすめできます。

★小売店にむけた営業代行を得意とする外注先
★家電量販店の分野に特に強みがある
★全国に支店があるため地方でも問題なく活用できる

以上がビーモーションの特徴です。

医療業界に強みを持つ営業外注先エグゼメディカル

エグゼメディカルは医療営業に強みを持つ営業代行会社です。病院へのアポイント獲得率が43%と非常に高い数値を持っています。
また営業戦略の立案をサポートするためのサービスも提供していて、その支援型のコンサルティングは顧客満足度98%と評判が良いです。
さらに複数のサービスも提供を行っていて、テレアポの代行や訪問営業の外注にも対応しています。自社での営業マンを育てるためのマニュアル作りや、人材育成のための研修なども行っているのが特徴でしょう。特に首都圏における医療業界へ新規参入したい企業にとって、おすすめできます。

★医療や介護の業界に強い
★首都圏の医療業界へ新規参入する時に活用したい
★アポ獲得率も高く、営業戦略の支援の評価も高い

医療業界への進出を考えるのなら、エグゼメディカルの活用は考えておくべきでしょう。

業種に特化した営業代行の外注先を知ろう

ここまでは特定の業界に特化した営業代行の外注先を紹介しました。次に特定の業種や得意分野のある外注先を紹介してみます。ある意味で特化した形となっているため、使い勝手がいい企業というのは限られてしまうでしょう。しかし逆にニーズに合う企業であれば、その力を十二分に生かせることができるはずです。

関西に強い関西ビジネスインフォメーション

関西ビジネスインフォメーションは、大阪ガスのグループ企業となります。営業代行会社の中では運営している会社が大手となるため、信用できるというのが大きなメリットです。特徴としてはその名の通りに関西をメインとした、営業代行を行っているという点でしょう。近畿2府4県を対象として16のサービスセンターを配置し、約200名の人材が活躍しています。スタッフの7割が女性ということもあり、きめ細かい部分へのアプローチに強みがあるのが特徴です。
分野としては親会社である大阪ガスの影響が強く、住宅メーカーや工務店、個人宅のエネルギー関係に強みがあります。また近年では欠かせなくなったWEBによるマーケティングなども得意としているのが特徴です。

★関西に強みがある営業代行の外注先
★大阪ガスが運営元である
★住宅メーカーや工務店などに強みがある

個人経営店に強いライフノート

個人経営の店舗やリテール営業を得意としているのが、ライフノートになります。得意の分野が個人経営店やリテール営業ということになるため、比較的に小さな企業を対象としているのが特徴です。新規顧客の獲得、営業力の強化、新規事業の立ち上げサポートなどを提供していることもあり、これから起業する人もおすすめできます。フェィストゥフェィスでの営業スタイルを行っていて、クライアントの製品やサービスの良さを伝えるのにも強みがあります。

★個人経営の店舗に強い営業外注先
★新規事業の立ち上げサポートを行っている
★幅広い販促サービスなどで顧客満足度が高い

ライフノートの強みと特徴でした。

業種に特化した営業外注のサービスについてでした。近年では企業活動の根幹となる営業を外注するというケースも増えてきており、営業代行は注目を集めています。その中でも話題になっているのが、特定の業界やニーズに特化している外注先でしょう。
営業代行の外注先を選ぶには、コストなども大切ですが自社のニーズを的確に満たしてもらう必要があります。そのニーズを満たすという部分において、特定の分野に特化している外注先は効果的だと言えるでしょう。それぞれの業界について特化しているため、総合型の外注先よりも詳しい話が聞けるのも魅力です。
大きくは特定の業界に特化した外注先と、特定のニーズを満たす外注先の2つがあります。このどちらを選ぶかは自社の都合に合わせて、話を聞いてみるといいでしょう。ただし自分から選択肢を狭める必要はありませんので、飽くまでも選択肢の第1候補にしておくといいです。

  1. Home
  2. ブログ
  3. 営業ノウハウ
  4. 業種特化型の営業外注サービスをご紹介|特徴や選び方まとめ【2019年最新】