通信業の営業代行会社の選び方と徹底比較【5分でわかる】

通信業は情報の処理や提供に関するサービスを行う業界であり、インターネット技術が発達した現代社会では重要な役割を担っているでしょう。

多忙を極める企業も存在するため、通信業の営業代行会社には一定の需要があるかもしれません。

通信業の営業代行会社の選び方と徹底比較、その他のお得な情報をまとめて紹介します。

通信業のサービスと営業代行サービスとの関連性

営業活動は企業が自社製品やサービスの知名度を上げて売上につなげるためのもので、需要の高さが活かされます。

需要のある製品やサービスをアピールすることで、新規顧客が見つかりやすい場合もあります。

通信業のサービスには、以下のものが含まれています。

★固定電話業

★携帯電話業

★無線センター

またインターネット附随サービスもあり、その場合には以下のようなものがあります。

★ポータルサイト運営

★サーバー運営

★ウェブコンテンツ

プライベートのみならず仕事で連絡をする場合、固定電話や携帯電話が必要になるでしょう。

仕事内容によっては、無線が求められる場合もあります。

インターネットを使ったビジネスも登場しているため、通信業のサービスは現代社会において必要不可欠なものと言えるでしょう。

それだけ営業のチャンスがあり、営業代行サービスとの関連性は高いかもしれません。

営業代行が行われている通信業の種類

以下に挙げる種類の場合、営業代行会社も前向きに検討してくれるかもしれません。

★電気通信業

★民間放送業

★有線放送業

★ソフトウェア業

★情報処理提供サービス業

★インターネット付随サービス業

★映像情報制作配給業

★音声情報制作業

★テレビジョンラジオ番組製作業

何かしらの情報を発信する、という意味で共通しています。

インターネットの普及により個人が情報を受領するだけではなく、自ら発信して仕事や私生活に活かす場合もあります。

情報のやり取りが活発になった今の時代、通信業において営業代行会社の活躍の場が増えているのかもしれません。

また需要がある通信業の企業は忙しくなり、営業活動の余裕がなくアウトソーシングしたいと考えているかもしれません。

通信業の営業代行会社の選び方

初めて営業代行会社を利用する場合、選ぶ際のポイントを考えておくと良いでしょう。

営業代行会社は多数存在するため、何も考えていないと数を絞るのに時間がかかるためです。

選ぶ際のポイントですが、依頼する企業の都合によって異なる場合もあります。

どのようなポイントにするか迷っている場合、以下のいずれかをチェックしてみてください。

★コストパフォーマンス

★回線事業に対する強さ

★ケーブルテレビに対する強さ

コストパフォーマンスをわかりやすく言うと、費用と効果の度合いです。

通信業の企業が営業代行会社に営業代行を依頼すると、当然ですがコストがかかります。

コストとは費用のことであり、高ければ良い結果が出るとは限りません。

反対に安すぎるだけでも良くありませんが、安い費用でも十分な効果が期待できる場合もあります。

そもそも費用を支払う余裕のない企業もあるかもしれないため、コストパフォーマンスを意識することは重要です。

次に回線事業についてですが、インターネットを使って通信するためには回線が必要となります。

どのようなターゲットでもインターネットを使う機会がある限り、回線事業との関わりは切れないのではないでしょうか。

回線事業に関する実績が多く営業代行会社を探すことをおすすめします。

公式サイトなどに実績が紹介されている場合もあるため、必ずチェックするのです。

そしてケーブルテレビも通信業において注目されています。

通常の地上波放送では視聴できない番組を視聴できるためです。

このように通信業において何かしらの強みがある、または関連性があるかをポイントの参考にしてみてください。

どうしても妥協できないポイントがあれば、上記したものと合わせて考えると良いです。

営業代行会社を選ぶ際の注意点とは

利用するつもりの営業代行会社の情報があれば、それが本当に正しいかどうかチェックすることです。

きちんとした営業代行会社の場合、公式ホームページにある情報のソースがあるでしょう。

何かしらの記事から引用された情報だった場合、引用元のURLや文献が掲載されているかもしれません。

この分野においてランキング上位に輝いた、などの情報にも注意が必要です。

通信業の営業代行における満足度などが、ランキング形式でまとめられている場合もあります。

このときそのランキングの情報を、どこがまとめているかに注目するのです。

ランキングのための調査を実施した会社やウェブサイト名などがわからない場合、営業代行会社が勝手に捏造したものかもしれません。

契約を取るために嘘の情報を発表するところは、トラブルの原因となる可能性もあります。

情報が正しいかどうか、必ずチェックすることです。

営業代行会社の情報を比較することも重要

信ぴょう性の高い情報を見つけたとしても、1つだけで満足しないことです。

営業代行会社の利用を検討する場合、なるべく複数の情報をチェックして比較すると良いです。

情報が1つだけに限られていると、比較する対象がありません。

コストパフォーマンスなどのポイントを比較できず、その会社が本当に良いかどうか判断できないでしょう。

ランキングの場合信ぴょう性を確かめるためには、複数の情報をチェックしてください。

調査の方法によって、内容が少しだけ異なる場合もあります。

しかし結果に大きな差がない場合、情報には信ぴょう性があるのではないでしょうか。

同じ会社の情報でも信ぴょう性を高めたい場合、なるべく多くの情報を集めると良いです。

おすすめできる通信業の営業代行会社

通信業の営業代行会社を4社紹介しますので、よろしければ参考にしてみてください。

これらを比較して上手く利用できれば、企業の負担が軽減されて良い結果が出るでしょう。

株式会社カタセル

株式会社カタセルは、IT/Web、マーケティング、コンサルティング業界など、ソリューション型/無形商材の商談獲得に強みを持つ営業代行会社です。

約17,000社の大手・中堅企業データーベースを保有。ターゲット企業ごとにパーソラナイズしたセールスレターを作成し、キーマンとの商談獲得をご支援いたします。

【特徴】

✅専門のリサーチ部隊がターゲット企業のキーマンをバイネームで特定

✅ターゲット企業ごとに調査・分析しパーソナライズしたセールスレターを作成

✅大手・中堅企業のキーマンに会える

以下無料の資料で大手・中堅企業の新規案件の受注確度を最大化する「営業手法」についてご紹介しております。

資料を無料でもらう>>>

  • ・従来の営業手法の課題
  • ・新規アポ獲得の可能性を最大化する手法
  • ・具体的な実践ステップ

株式会社canterista

株式会社canteristaは、コストパフォーマンスを重視する場合におすすめです。

料金は固定報酬型で、30万円から35万円となります。

固定報酬が50万円以上のところもあるため、比較的安いのではないでしょうか。

テレアポによる営業代行の実績もあり、1件あたり9,800円からとなります。

合同会社日本ネット通信サービス

合同会社日本ネット通信サービスには65年という歴史があり、法人ネットワークを活かした効率良い営業が高く評価されています。

クライアントのために成果を出すことを重視しており、製品やサービスにあるブランドイメージを崩さないように活動してもらえます。

営業活動の人材のアウトソーシングも可能です。

UNIX株式会社

UNIX株式会社ですが、回線事業に対する強さをポイントとする場合に向いています。

通信回線の実績をチェックすると個人契約が約11,000件、法人契約が1,500件となります。

有名企業との契約実績もあるため、回線事業の営業代行にかけている場合に検討してみてください。

テルフィーズ株式会社

テルフィーズ株式会社は、ケーブルテレビに対する強さをポイントとする場合におすすめです。

その取引実績を挙げると、全国20社以上のケーブルテレビ放送局と渡り合った実績があります。

営業後のケーブルテレビ導入のサポートも得意としており、国内にある200社以上の施工会社と提携しています。

営業代行会社を利用して失敗しないために意識すべきこと

上記した通りコストパフォーマンスが1つのポイントとなりますが、費用に対してその会社がどれだけの働きをするかが重要です。

営業代行にかかる費用の相場として、固定報酬型の場合は1日あたり約3万円で成功報酬型の場合は約2万円というデータがあります。

相場と比較してあまりにも安い場合、サービス内容をチェックしてください。

営業代行の前後に関するサービスが含まれていない場合もあるため、企業の負担を考えて検討することをおすすめします。

反対にあまりにも高い場合、余計なサービスが含まれていないかどうかをチェックしてください。

営業代行は営業の全部だけではなく、相談次第では一部のみを依頼できます。

必要最低限の範囲で依頼しても良いかもしれません。

またアウトソーシングできる業務内容を、事前にチェックすることも重要です。

どの営業代行会社でも、以下に挙げる3つはアウトソーシングできるでしょう。

★コール

★クローズ

★アポイント

コールとは電話を使った営業活動のことで、ターゲットとして定めた企業に対して通信業に関するアピールをする場合を言います。

クローズは相手と交渉して成約を取ることで、これがあるからこそ企業側には大きなプラスがあるのでしょう。

そのためにはアポイント獲得が必要なため、営業代行会社の実績が問われます。

もしこの3つのうちのいずれかに対応できないものがあれば、別の営業代行会社を検討してみてください。

たとえばコールによる営業を依頼したい場合、会社がそれに対応できなければ意味がないでしょう。

クローズやアポイントに関しても同じで、会社の対応力も成功か失敗かを左右する要素なのです。

通信業の営業代行会社について紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。

多数の会社がありますがどれも同じではなく、どのようなポイントで選ぶかが重要となります。

今回はコストパフォーマンスと回線事業に対する強さ、ケーブルテレビに対する強さを具体例として挙げました。

この他に企業や担当するスタッフ個人が重視するポイントがあれば、複数の会社の情報を探してみてください。

そのポイントと関連性がある会社が見つかれば、営業代行を依頼しやすくなるでしょう。

情報はただ信じるだけではなく、信ぴょう性をチェックする癖をつけてください。

通信業と関わりがないように見えても需要が期待できるところもあるため、積極的にチャンスを掴みましょう。

  1. Home
  2. ブログ
  3. 営業ノウハウ
  4. 通信業の営業代行会社の選び方と徹底比較【5分でわかる】