営業代行で転職する際のオススメサイト10選 活用術や登録方法、事例

営業代行を利用する企業や個人の目的は様々ですが、実は転職活動のために利用する人もいます。

今回は営業代行で転職する際のオススメサイト10選と、その活用術や登録方法を紹介しますので是非とも参考にしてみてください。

事例も合わせて紹介するため、これから転職を考えている人も要チェックです。

営業代行を利用した転職活用術

そもそも営業代行とは、営業活動を行う余裕のない企業のためにあります。

営業代行会社に相談して契約が成立すると、営業活動を代わりに行ってもらえます。

企業には時間の余裕ができて、本業に集中できるなどのメリットがあります。

営業代行の活動内容はすべて同じではないですが、目的に応じて様々なターゲットと関わります。

個人を相手とする場合もあれば、法人格を持った企業などを相手とする場合もあるのです。

営業活動では相手に自分たちのことを知ってもらうために、名刺を交換することもあります。

つまり営業の数が多く内容も充実していれば、それだけ多くの相手と関われるようになるのです。

こうしたつながりは自社製品やサービスを売るためのものですが、転職に活かせる場合もあるのです。

企業の情報を集めて良いと思うところがあれば、自分の方からアピールすると良いかもしれません。

狙っている企業とのコネクションを作ろう

最初は営業活動の一環でターゲットとする企業との関係ができても、その関係性が変化する場合もあります。

あくまでも企業と企業の関係でも、ビジネスのことで担当者と様々な相談をする場合もあるでしょう。

相手企業の担当者と何かを相談すると、直接会う機会があるでしょう。

その機会を利用して自分のことを覚えてもらい、転職時にアピールできる場合もあります。

つまり相手との関わりを利用して、転職のために自分を売るのです。

今現在の仕事に不満などがあり新しい職場で挑戦したい場合、営業代行がきっかけとなり新しい仕事が見つかるかもしれません。

コネクションを自分だけで作れない場合、営業代行に相談して様々な企業の情報を集めてもらうと良いでしょう。

営業代行で転職する際は、転職サイトなどを利用して情報を集めることをオススメします。

転職のサポートを受けられますが、企業の情報を収集する際に良いでしょう。

上手く活用して、転職の準備を進めてください。

営業代行で転職する際に便利なオススメサイトを紹介

オススメサイト10選を紹介しますので、興味があれば是非とも利用してみてください。

これらのサイトを利用することで、営業代行会社の情報にたどり着く場合もあります。

営業代行比較ガイド

営業代行比較ガイドは、全国の営業代行会社の情報が掲載されている大手サイトです。

コールスタッフの質や報告レポートなどの項目で検索をかけることができ、口コミなども掲載されています。

転職のために営業代行会社の情報を集めたい場合、利用することをオススメします。

アイミツ

アイミツも多数の営業代行会社の情報が掲載されているサイトですが、一括見積もりの際にオススメです。

専門コンシェルジュが在籍しており、7万社以上の情報から希望に合ったものを探してもらえるのです。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは営業代行会社に依頼するサイトではなく、転職求人の情報を収集するサイトです。

しかし営業系の案件が2,000件以上掲載されており、サイトの中で特集記事が組まれることもあるためオススメします。

DUDA

DUDAにも転職求人の情報が掲載されていますが、営業職の案件の数が転職サイトの中でも多いのではないでしょうか。

8,000件を超える情報が掲載されており、企業情報の一覧をチェックできます。

パソナキャリア

パソナキャリアにはキャリアアドバイザーが在籍しており、転職前後のフォローやサポートに強いと言われています。

営業代行を利用して転職を考えていることを伝えれば、良い営業代行会社を紹介してもらえるかもしれません。

マイナビ転職

マイナビサービスの中でもマイナビ転職を利用すれば、転職のノウハウに関する情報がチェックできます。

営業代行の情報を探す際のポイントがわからない場合、紹介される記事の情報を参考にすると良いです。

WANTEDLY

WANTEDLYは一般的な情報サイトや求人サイトとは異なり、ソーシャル系の採用ツールとして知られています。

たとえば営業代行会社を探す場合、ただ応募するだけではなくシステムの中で連絡を取れる場合もあります。

ビズリーチ

ビズリーチは一般的な転職サイトとは異なり、求職者からも料金を取るサイトです。

ハイクラス層に特化した会員制の専門サイトであるため、レベルの高い営業代行の情報にたどり着けるかもしれません。

キャリアトレック

キャリアトレックは上記したビズリーチの運営です。

運営サイトに会員登録をすると、希望する内容とマッチした求人情報がピックアップされます。

ビズリーチと同じように、レベルの高い営業代行の情報が手に入るかもしれません。

転職ナビ

転職ナビは一般的な転職サイトに分類されますが、転職ナコウドという機能があります。

気になる営業代行の情報が見つかった場合、電話相談により仲介してもらえることもあるのです。

サイトに登録する場合はどのようにすれば良いのか

オススメサイトとして営業代行に関係する情報サイトや転職サイトを紹介しましたが、いずれの場合でも基本的な登録方法は同じでしょう。

営業代行の情報をチェックしたいだけなら、登録する必要がない場合もあります。

画面上で利用できる検索機能を使うと、企業の情報が表示されるはずです。

ただし会員登録しなければ利用できない機能もあるかもしれません。

登録を考えている場合、以下のものが必要となる場合もあります。

★メールアドレスとパスワード

★個人情報

★今までの職歴に関する情報

★資格に関する情報

サイトに登録してログインするための情報として、メールアドレスとパスワードが必要となります。

メールアドレスはフリーのものでも良いですが、パスワードはセキュリティ対策のために定期的に新しくすると良いでしょう。

登録の際は個人情報の入力も必要で、個人で利用する場合は氏名や電話番号などを入力する必要があります。

既に働いている人が営業代行を意識して転職を目指す場合、職歴の入力も必要です。

また資格を保有する場合、プロフィール欄があれば記入をオススメします。

特定の資格があると評価されて、営業代行の情報の紹介があるかもしれないためです。

必要なものを用意したら早速登録してみよう

利用するつもりのサイトがあれば、パソコンやスマートフォンを使って公式ページにアクセスしてください。

トップページなどに会員登録のリンクがあれば、そこから画面を表示させてください。

登録後はメールアドレスとパスワードがあれば、ログインできるようになります。

基本的に画面上の案内に従い、必要な情報を入力することになります。

内容に間違いがあると登録できなくなる場合もあるため、情報の入力は正確に行ってください。

営業代行で転職する際にサイトを利用した事例

複数の事例が存在しますが、情報収集のために役に立ったという共通点があります。

営業代行を利用する場合、どのサービスを利用するか迷ってしまう人もいるかもしれません。

そもそも営業代行には様々な種類があり、目的に応じて使い分けると良いでしょう。

たとえばITに転職したい人の場合、ITに特化した営業代行会社を利用できると良いです。

他の業界の営業代行会社を利用しても、ITに関する情報が集まらないかもしれません。

成功した事例をチェックすると、自分の都合に合わせて利用するサイトを選ぶことが重要だとわかるでしょう。

サイトを利用して転職活動を進めた人たちは、情報の収集の効率化が進んだのではないでしょうか。

人気の高い営業代行やその他の求人の情報は、すぐに他人に利用されてしまう可能性があります。

サイト上に掲載される期間にも限りがあり、応募人数が多くなると掲載が終了してしまう場合もあります。

情報収集のためにサイトを有効活用して成功したという事例もあるため、スピードを意識して積極的に行動すべきです。

ただ登録しただけでは成功できない

ある成功事例ですが、その人は登録初日からサイト上にある企業の情報を細かくチェックしたようです。

興味のある営業代行や転職する条件をあらかじめピックアップし、それ以外の情報は不要なものとして無視しました。

その時点で自分にとって必要な情報に絞ることができ、さらにそこから細かな条件を指定して検索をかけたのでした。

サイトの規模には差があるものの、転職活動に対して情報の量が膨大となる場合もあります。

ただ登録しているだけの人は、膨大な情報の中から自分が必要とするものを見つけることができないかもしれません。

情報をチェックしてその中から必要なものを絞り出し、良いと思えるものを選ぶ力が必要です。

登録するだけなら初心者でもできるかもしれませんが、膨大な情報に溺れることがないように注意する必要があります。

過去の事例から学び、登録だけで満足しないようにしましょう。

営業代行サービスは営業活動の余裕がない企業のサポート以外にも、転職活動の際の情報収取やきっかけ作りとなる場合もあるのです。

ターゲットとする企業と何かしらのつながりがあれば、自分自身を転職の商品としてアピールすることができるかもしれません。

狙っている企業との距離を縮めるために、オススメサイトを有効活用すると良いでしょう。

もし余裕があれば1つのサイトにこだわるのではなく、複数のものを登録して使い分けてください。

サイトごとに掲載されている情報に差があり、そのサイトでなければチェックできない情報もあるかもしれません。

情報サイトや転職サイトでゴールを迎えるのではなく、良いスタートを切るために有効活用することを意識するのです。

新しい情報は小まめにチェックし、行動力と決断力を武器に頑張ってください。

  1. Home
  2. ブログ
  3. 営業ノウハウ
  4. 営業代行で転職する際のオススメサイト10選 活用術や登録方法、事例