営業リスト提供オススメ営業代行会社と営業リストの入手方法

営業代行会社を利用する目的は依頼する企業ごとに異なり、リストを手に入れたいために利用する場合もあるかもしれません。

顧客に関する営業リストがあるとその後の活動がはかどる場合もあるため、営業リスト提供オススメ営業代行会社を紹介します。

また営業リストを自分で入手できる場合もあるため、その方法も合わせて紹介します。

営業リストとはどのようなものか

企業やその企業から依頼を受けた営業代行会社が営業活動を行う場合、ターゲットの選定が行われるでしょう。

製品やサービスにはニーズがあり、それとマッチしたターゲットでなければアピールしても売れないこともあります。

たとえば新しいウェブシステムが欲しい企業にまったく別のものを強引にアピールしても、良い印象は与えられないのではないでしょうか。

営業活動はただ闇雲に行えば良いわけではなく、ニーズを理解した上で適切な営業を仕掛ける必要があります。

そのために必要となるのが、ターゲット情報がまとめられた営業リストです。

アプローチの見込みがあるターゲット、つまり顧客となる見込みがある顧客の情報をまとめるのです。

営業代行のために必要となる情報

様々な情報がリスト化されていますが、内容は営業代行会社や契約ごとに異なるかもしれません。

営業リストに掲載される情報の例を挙げると、以下の通りです。

★社名または個人名

★担当者名

★住所

★電話番号

★メールアドレス

★ホームペーアプリのID

★公式ホームページのURL

これらの情報は基本的なものであり、営業時に交換するような名刺にも掲載されているかもしれません。

営業代行を成功させるためには、以下のような細かな情報も必要となります。

★製品や金額などの過去の受注内容

★再発注予定日

★顧客が欲しがる傾向にある製品やサービス

ターゲットが欲しいものがわかっていれば、必要となる営業代行会社の種類もわかります。

たとえばITならITに強い会社を、ウォーターサーバーならウォーターサーバーに強い会社を選べば良いです。

情報収集は営業代行会社に任せることもできますが、自分たちでも集めておくと良いでしょう。

BtoB営業において営業リストは重要

企業などの法人格を持った相手をターゲットにする営業活動を、BtoB営業と言います。

法人となると個人よりも規模が大きく、企業ごとに事情が異なります。

つまり毎回同じような営業を仕掛けても、成功できるとは限らないのです。

企業ごとに情報を収集してリスト化し、営業の方針を決めることが重要となります。

営業を仕掛けたい相手の数が多い場合や製品やサービスの売上に関してノルマがある場合、ターゲットの数は多くなります。

その場合営業リストがあると、営業活動の効率化が図れるのです。

たとえば企業がBtoB営業の依頼をした場合、依頼を受けた営業代行会社はリストを作成するでしょう。

この時点でターゲットの数を絞るために、個人を無視する場合もあります。

そもそも個人を相手にする場合、BtoC営業という別の種類となります。

次にどの業界でBtoB営業をするかです。

ITならITのため営業代行が必要なため、この時点で他の業界を無視する場合もあります。

営業リストには営業代行の効率化という目的の他に、実際に業務を行う会社の負担を軽減させる上でも重要と言えます。

その他の営業でも勉強になることもある

BtoB営業以外にも様々な種類がありますが、同じように営業リストがあると良いです。

そのため営業代行サービスを利用する場合、営業代行会社に必ずリスト提出を求めると良いです。

また自分たちでも簡易的なリストを作成し、保管しておいてください。

過去のデータの蓄積となり、顧客情報を見直したいときに役に立つでしょう。

営業活動は毎回同じわけではありませんが、過去のデータに近い取引があるかもしれません。

そのためBtoC営業を仕掛ける場合も、情報は残しておくべきです。

営業リスト提供オススメ営業代行会社3選

以下に営業リストの提供までしてくれるオススメの営業代行会社を3社挙げますので、よろしければ参考にしてみてください。

いずれもリストの重要性を理解している会社であるため、安心して利用できるでしょう。

株式会社soraプロジェクト

株式会社soraプロジェクトは、BtoB営業を得意としたテレアポ代行をメインとする営業代行会社です。

法人に特化したテレアポの業歴は11年間で、約130万件のビッグデータが蓄積されています。

また約800万社のリストがあり、業種や地域などの条件で絞り込んだ営業リストがチェック可能です。

見込みのある顧客以外の会話情報付きのリストというものもあり、無料で提供を受けることができます。

ビートレード・パートナーズ株式会社

ビートレード・パートナーズ株式会社もBtoB営業を得意としています。

こちらはテレアポ代行がメインではなく、訪問営業や営業スタッフの研修などにも応じてもらえます。

営業先リストと同時にトークスクリプトを作成してもらえることが特徴です。

トークスクリプトとはコールセンターのオペレーターの台本のことで、どのような営業代行が行われているかイメージしやすいでしょう。

九州電信電話株式会社

九州電信電話株式会社は、宮崎に本社を置くコンサルティング系の会社です。

攻撃型戦略という営業代行のスタイルが特徴で、提案する力と商談する力の2つが重視されています。

企業の強みを最大限活かした営業活動の提案があり、BtoBかBtoCかは問われません。

特定の営業先がない場合でも、営業先の選定から依頼することができます。

営業リスト作成の作成は、依頼時に行われます。

自分の手で必要な営業リストを入手する方法

何かしらの事情により営業代行会社の営業リストの提供が受けられない場合、自分の手で情報を収集してください。

営業リストの入手方法ですが、まずリストには無料版と有料版があります。

無料版を入手したい場合、以下のような方法があります。

★検索サービスを活用する

★求人情報をチェックする

★法人番号公表サイトを活用する

★IPアドレスをチェックする

インターネット上の検索サービスや求人情報サイトを活用すれば、企業情報をチェックできるでしょう。

それらの情報ははじめからリスト化されていない場合もあるため、内容をチェックして自分の手でリスト化してしまえば良いです。

また国税庁の法人番号公表サイトから、企業リストのダウンロードが可能です。

自社ホームページがある場合、IPアドレスをチェックするとアクセスした他企業の情報がわかる場合もあります。

その企業が自社製品やサービスに興味を持っていた場合、アピールするとチャンスにつながるかもしれません。

次に有料版を入手したい場合、以下のような方法があります。

★展示会などのイベントに参加する

★業者から購入する

★セミナーに参加する

営業代行会社が活動の一環として、有料の展示会に参加することもあります。

規模の大きな展示会となると、会場には多くの一般消費者や関係者が集まるでしょう。

それは名刺交換のチャンスの多さを意味するため、名刺の情報からリストを作成できるかもしれません。

また様々な企業の情報をリストとしてまとめている業者もあり、そこから直接購入するという方法もあります。

一度に大量入手できる場合もあります。

特定のセミナーに参加することもオススメで、そこに集まった企業情報がチェックできるでしょう。

入手または作成したリストは徹底管理

企業にとってリスト化した顧客情報は、営業活動や営業代理を依頼する際に重要なものとなります。

そのためライバル企業に見られてしまうと、情報が流れてしまうおそれがあります。

せっかくの情報がライバル企業に流れれば、負けてしまうかもしれません。

営業リストは自社スタッフ以外には見せず、社内で徹底管理してください。

そうする必要がある理由は以下の通りです。

★社内バッティングの危険性を回避するため

★データ分析を効率化させるため

★課題点をわかりやすくするため

★営業代行の評価に使えるため

あなたの会社のスタッフから同じような電話を受けたが管理体制はどうなっているのだ、と電話をかけた際にクレームが入ることがあるかもしれません。

リアルタイムでバッティングがあると、信頼性の低下につながる危険性もあります。

スタッフごとに担当を割り振って、徹底管理に努めてください。

データ分析の際にもリストが必要で、適切な管理を行えば営業活動の計画がスムーズに進むかもしれません。

また営業活動や営業代行を何度が続けると、課題点が見つかる場合もあります。

プロの営業代行会社に依頼しても営業が毎回成功するとは限らないため、100点の営業活動はないと言っても良いかもしれません。

しかし依頼した企業と営業代行会社が協力すれば、50点や60点くらいのものを80点や90点以上にすることはできるかもしれません。

蓄積されたデータから弱点を知り、克服するか別の強みで勝負するなどの選択をしてください。

また企業側がリストの内容をチェックして営業代行を評価し、その後も契約を続けるかを判断する場合もあります。

その際にきちんと管理された営業リストがないと、困ってしまうでしょう。

営業リストの提供やそれを入手して自分で作成ことの重要性について、参考になりましたでしょうか。

いずれにしても効率の良い営業には情報という武器が必要で、自社製品やサービスを活かしてターゲットのニーズを満たすことが重要です。

膨大な量の情報を取り扱うことは難しく、それがただあるだけでは営業活動の邪魔となる場合もあります。

わかりやすくリスト化して必要なときに必要な情報をチェックできれば、営業代行会の負担の軽減にもつながります。

リスト提供が可能なところが会社の場合、質問すれば作成方法に関するアドバイスももらえるかもしれません。

  1. Home
  2. ブログ
  3. 営業ノウハウ
  4. 営業リスト提供オススメ営業代行会社と営業リストの入手方法