営業代行案件・仕事を探す方法まとめ!オススメの営業代行案件掲載サイト【2020年最新】

営業をする人材が不足しているときに役立つのが、営業代行案件提携サイトです。これまで営業代行案件を提携しているサイトを利用したことがない人は、一体どんなサービスなのだろうと思われるでしょう。

今回はオススメの営業代行案件提携サイトの紹介や、サイトの上手な使い方について解説していきます。覚えておきたい注意点なども併せて説明するので参考にしてください。

営業代行って何?

最初に考えて起きたのは、そもそも営業代行とはどのようなサービスなのかという点です。このサービスはその名の通り、営業を自分や自分の会社の代わりにしてくれるものです。

具体的にはどのような営業を代行してくれるのでしょうか。

★セミナー開催

★テレフォンアポイント

★顧客との交渉

営業の代行を業者へ依頼すると様々な形の営業活動を行ってくれます。セミナーを開催して営業してほしいサービスや商品について宣伝をしていきます。テレフォンアポイントをしながら営業活動をしてくれます。

さらには営業活動をして関心を持ったクライアントに対し、交渉や商談などもしてくれるのです。

ただ単に営業をするだけではなく、交渉や商談もしてくれるのがこのサービスのすごいところです。業者によっては契約を交わした顧客に対してアフターケアをしてくれることもあります。

また商談はこちらがするとしても、交渉がうまくいくように同席してサポートをしてくれる業者もありますよ。契約前の商談や交渉が苦手という人には役立つサービスです。

では営業代行案件提携サイトとは何なのでしょうか。

営業代行案件提携サイトとは何なのか

営業代行案件提携サイトは営業代行を行っている業者の情報が得られるサイトです。実は営業代行の業務を請け負っている業者はたくさんあります。

初めて利用する人はどの業者を利用したら良いのか分からないことがあります。その点、営業代行案件提携サイトは、各業者を比較しやすかったり自分のニーズに合った業者を見つけやすかったりします。

このサイトを使っていくなら予算に合った営業代行業者を見つけられますし、依頼したい業務が得意な業者を見つけることも可能です。

営業代行案件提携サイトを上手に活用するなら、営業経費を減らしていけます。自分で営業をしている時間やコストを外部委託できるからです。新たな営業の人材を育成する時間とコストを節約することも出来ます。

さらに、すぐに営業を出来るので、迅速にアピールしたい商品の契約を取ったりサービスの提供先を見つけたりも出来ます。

新しい顧客を見つけて販路開拓をしていけますし、これまで以上に大きな市場で勝負をしていけるのです。ビジネスの成長のきっかけになるのが営業代行案件提携サイトです。

オススメの営業代行案件提携サイトを紹介!

これからオススメの営業代行案件提携サイトを紹介していきます。

営業代行ガイド.com

最初にオススメするのが営業代行ガイド.comです。その名の通り営業代行業者をたくさん掲載しています。

営業代行の業界の中で信頼度が高く、安心して利用できる業者だけを掲載しているのが特徴です。これまで問題を起こした業者は掲載されていません。他にはどんな特徴があるでしょうか。

★簡単な検索

★得意分野が分かりやすい

業者を探すときに、名前を五十音で検索したり所在地から検索したり出来ます。さらに得意分野で業者を探せます。経営者のネットワークを持っている業者やIT業界に強い業者を簡単に見つけられます。

アイミツ

アイミツはシンプルで分かりやすいデザインの営業代行案件提携サイトです。このサイトの特徴は優良会社だけが掲載されている点です。これまでに実績を積み重ねてきた会社だけが掲載されています。

選んだ優良会社へ一括で見積もりを依頼できるのも、このサイトのメリットです。しかも無料で一括見積もりを依頼できるので助かりますね。

営業代行を依頼したときの費用や依頼内容に合わせた相場なども細かくチェックしていけます。業務を依頼したら、どのような料金がかかるのかシミュレーションをするツールも充実しています。

評価されているポイントは格安ランキングというものがあり、費用対効果の高い業者をランキング形式で表示してくれています。コストに制限があるときに、安く仕事を依頼できる業者を見つけるのに役立ちます。

比較biz

国内最大級のマッチングサイト比較bizもオススメです。営業代行だけではなく、幅広い業種のマッチングを行っています。

扱っている業種や掲載している会社の数が多いため、自分のニーズに合った業者を見つけやすくなっていますよ。会員企業数が4万社を超えており、年間流通額は約20億円です。

このサイトを利用した発注各程度が80パーセント以上なのも注目したいポイントです。比較bizを利用した人のほとんどが実際に業者へ依頼しているのです。

すでにサイトが運用されて10年以上たっているので安心して利用できます。

営業代行案件で検索するとかなりの数の業者が表示され、とても選びやすいです。

営業代行案件提携サイトの使い方を解説

上手に営業代行案件提携サイトを使っていくには、どんな点を知っておいたら良いでしょうか。

業者へ営業案件を依頼するときにどんな成功報酬形態にするかを決めておきましょう。具体的にはどのような成功報酬形態があるでしょうか。

★営業実施で報酬発生

★受注獲得で報酬発生

★アポイント獲得で報酬発生

★固定費として報酬発生

主に四つのタイプから選べます。営業をしていくだけで報酬が発生するタイプや、受注や契約を獲得して初めて報酬が発生するパターンです。商談をするためのアポイントを獲得したら報酬を払うという形態を選ぶことも出来ます。

長期的に営業やアフターケアをしてほしいときには、固定費として報酬を支払うタイプを選ぶことをオススメします。

営業代行案件提携サイトを使う場合、この報酬形態を決めておくと業者を選びやすいです。

営業代行案件をスムーズに選ぶコツ

迷わないで営業代行案件をスムーズに選ぶには、いくつかのポイントを押さえておかなくてはなりません。

まずはなぜ営業を外部委託するのかを考えておいてください。自分の会社は営業のどの部分が苦手なのか考えなくてはなりません。新規顧客開拓が苦手の場合がありますし、販売数を増やすことが苦手なこともあります。自社の課題が分かっていれば、どの営業代行業者へ依頼したら良いかが見えてきます。

いくつかの業者へ見積もりを依頼したときに、どんな対応をするかも確認してください。分かりやすい見積書を提示してきたり、的を射た提案をしてきたりするかをチェックしましょう。こちら側のリクエストを組んだ提案をしているかを確認します。どんなにこれまでの営業の実績があっても、依頼主の意図をくんだ提案が出来ていなければ意味がありません。市場のニーズもきちんと分析できているかも大切です。

それぞれの営業代行業者の得意分野もよく理解してください。テレフォンアポイントが得意な会社もあれば、事業のプロデュースが得意な業者もいます。訪問営業や採用に長けている会社や研修が得意な会社もあります。業者の得意分野が分かっていると依頼した後にがっかりしなくて済みます。

これらの点を確認すると営業代行案件をスムーズに選んでいけます。

営業代行を個人やフリーランスで行う場合のメリットとデメリットとは?

営業代行の案件を探す企業は主に営業代行会社・法人にお願いする事が多いでしょう。しかし、近年増えているのが個人事業主やフリーランスの営業代行です。

では、営業代行を個人やフリーランスに依頼する場合のメリットやデメリットはどこにあるでしょうか?

メリットは以下です。

✅特殊なスキルがあり、成果が出やすい

✅コストが法人に比べてかからない

✅個人やフリーランスは突発的な変更や出来事に対処しやすい

✅小さな新規事業のグロースなど事業規模を問わず依頼しやすい

この逆にデメリットは以下です。

✅法人と違い何か合った時に責任を取ることがあまり期待できない

✅フリーランスや個人は一人なので、風邪や体調不良などで稼働に穴が空くことも有る。

✅信頼感や成果へのコミットが安心感が少ない

以上のようなメリット、デメリットが考えられます。

このほか、個人やフリーランスの営業代行については以下をご参照ください。
成果報酬型営業代行。個人事業やフリーランスのメリット・デメリット>>>

知っておきたい営業代行の注意点とは?

営業代行案件提携サイトを利用する際の注意点を最後に説明します。

始めに知っておくべき注意点はコストについての考え方です。見積もり依頼をして提案されてきた価格が適切かどうかを判断してください。

どのように判断できるのでしょうか。コストに関する四つのポイントを意識するなら見積額が高いか適切かを判断できます。

★商談数

★見込み客

★顧客獲得

★顧客単価

最初のポイントは営業代行業者が作り出そうとしている商談の数と、一件あたりの商談にかかるコストを考えるということです。こちらがどれくらいの商談数を設定してほしいかも明確になっていれば、よりこのポイントに対する見積額の適性度が分かります。

まだ契約には至ってはいないものの、受注の可能性がある見込み客の数とそのために投じるコストも考えてください。顧客を獲得する件数とその顧客一人にかかる費用も考慮する必要があります。

さらに、契約した顧客からどれくらいの利益が得られるかどうかも考えたいポイントです。

この4つのポイントを考えると、相手の見積もりが高いか適正かが見えてきます。一件の商談や一人の顧客獲得にかかる費用が、こちらの予算に合っているかどうかも判断できます。

さらに、報酬の形態を決めるときに、成功報酬形態が良さそうに思うかもしれません。しかし、注意しないと成功報酬を選んだために失敗することがあります。

営業代行業者の成功報酬がほしいために強引な営業をしたり、とりあえず商談だけを設定しようと無責任な営業をしたりするからです。長期的な成果や長続きする顧客を獲得したい場合は、固定費報酬や業務委託契約を結ぶと良いでしょう。

まとめ

営業代行案件とは、自分や自分の会社の代わりに営業を代わりにしてくれることです。自分が新しい販路を切り開いたり、これまでにない顧客層を開拓したりするのが得意ではないときに役立つサービスです。営業のプロが強力にサポートしてくれる、今注目のサービスとなっています。

たくさんの営業代行業者がいますが、その中から自社のニーズに合った業者を探せるのが営業代行案件提携サイトです。営業代行案件提携サイトを利用すると、自社の課題解決にぴったりの業者を検索できます。複数の業者をとりあえず選んで一括見積もりを出すことも可能です。

オススメの営業代行案件提携サイトは安心できる会社だけを掲載していたり、検索がしやすかったりするサイトです。

営業代行案件提携サイトを上手に活用し、事業をさらにステップアップさせていきましょう。

参考:営業代行の成果報酬を会社ごとに【徹底比較】|報酬相場や選び方>>>

  1. Home
  2. ブログ
  3. 営業ノウハウ
  4. 営業代行案件・仕事を探す方法まとめ!オススメの営業代行案件掲載サイト【2020年最新】